【VALORANT】2021年最新版!最強キャラTierランキング【ヴァロラント】

VALORANT

VALORANTの全エージェントでTierランキング表(リスト)を作りました。ぜひ参考にして下さい。

※コンペティティブでの強さ・使いやすさ・流行を基準に表を作成しています

Tierランキング早見表

最終更新:パッチノート2.11

S – tier

ジェット

レイズ

ソーヴァ

オーメン

A – tier

フェニックス

レイナ

セージ

キルジョイ

スカイ

ブリムストーン

ヴァイパー

B – tier

サイファー

ブリーチ

アストラ

C – tier

ヨル

 

解説

S – tier

ジェット

身軽な動きで敵を蹂躙するチームのエースアタッカー。瞬時の判断や使用者のゲームセンスが問われるため扱いが非常に難しいエージェントですが、その爆発力とキャリー力は本物です。

レイズ

ジェットと並ぶ現環境最強デュエリストの一角。アビリティによるキルやエリアの制圧を得意とし、爆発力以外に堅実さも兼ね備えています。

ソーヴァ

弓使いのソーヴァは優秀な索敵スキルを保有しており、チームをマクロ面でもミクロ面でも大きくサポートすることが出来ます。味方との連携を取りにくい野良マッチではその真価を発揮出来ませんが、なんだかんだ強いのでS – tier。

オーメン

モクキャラ最強の男(女かもしれない)。巧みなアビリティ捌きで敵をかく乱し、チームを勝利に導きます。即ピして喜ばれるエージェントランキング第1位。

 

A – tier

フェニックス

不死鳥の名を冠するデュエリスト。クセの無いスキルが多く、初心者へのおすすめエージェントとしてよく紹介されています。回復スキルが多いという強みはあるものの、ジェットやレイズに比べると見劣りしがち。

レイナ

キルをしないと発動出来ないアビリティを持つ特殊なエージェント。その強さは使用者本人の撃ち合い能力によって大きく上下します。

セージ

VALORANTサービス開始初期には猛威を振るいましたが、パッチノート1.07の弱体化で一気に最弱クラスへ。その後オフアングル壁やアイスボックスでの有用な活用方法が浸透し、現在の地位に落ち着きました。

キルジョイ

キルジョイはサイファーと同じ索敵を得意とするエージェント。弱体化によりタレットとアラームボットの距離制限が付いたものの、その強さは依然確固たるものです。

スカイ

旬は過ぎましたがまだまだデキる女。登場初期は産廃扱いでしたが、2021年に入って海外のチームが採用し始めその有用さが露わになりました。豊富な索敵スキルと躱しきれないフラッシュで敵にプレッシャーを与えます。

ブリムストーン

空から煙幕とスティムビーコンを落とすおっさん。オーメンが強すぎるせいでほとんど使われていないのが現状ですが、決して弱くはありません(バインドだとオーメンより優先されることも多い)。

ヴァイパー

ヴァイパーはVALORANTサービス開始初期から長らく最底辺tierを彷徨っており、何度も何度も上方修正を受けパッチノート2.06の大型強化によりついに実戦で使えるレベルの強さを手にしました。ただ、研究量や味方との連携が求められるため野良だと扱いにくいかも。

 

B – tier

サイファー

サイファーはその能力全てが索敵に精通しており、チームを情報面で大きくサポートします。弱いエージェントではありませんが、索敵が出来てアビリティ単体のパワーも高い「キルジョイ」に居場所を取られているのが現状。ワイヤーの対策方法が確立してきたのも向かい風となっています。

ブリーチ

パッチノート1.07で一躍時の人となった彼でしたが、今はもう見る影もありません。スキルの使い勝手が絶妙に悪く、目玉アビリティであるフラッシュも味方との連携が求められるため、玄人好みのキャラと言えるでしょう。

アストラ

3人目のスモークキャラ。スタンとウルトが使いにくかったり、吸い込みが味方と合わせる必要があったりするため野良だと厳しめ。ただ、パーティを組む場合に限っては最強クラスのキャラへと成り上ります。

 

C – tier

ヨル

様々なアビリティで敵を騙し討ちするデュエリスト。現環境最弱のエージェントですが、ポテンシャル自体はあります。上方修正次第ではいつTierトップになってもおかしくはありません。



どのエージェントもなんだかんだ強い

Tier表を作りはしましたが、なんだかんだどのエージェントも使い方次第では十分強いです。

結局撃ち合いでねじ伏せる場面が多いですからね。必須キャラなんていませんし(モクキャラは欲しいけど)、最弱と言われてるヨルですら撃ち合いの強い人が使うと化けます。

 

何はともあれ、Tier下位のエージェントも使ってみると意外と楽しいのでぜひ様々なエージェントを触ってみてください。

 

それではごきげんよう。

 

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.