【VALORANT】初心者撃ち合い講座②ヘッドラインを合わせよう【ヴァロラント】

VALORANT
【VALORANT】初心者撃ち合い講座①ストッピングをしよう【ヴァロラント】
今回はVALORANTの撃ち合いで勝つための必須テクニックである「ストッピング」について、そのやり方と特徴をどこよりも分かりやすく紹介していきます。初心者の方はもちろん、ある程度VALORANTを遊んできた方にもぜひ見てもらいたい記事となっております。

 

皆さんこんにちは。

今回は初心者撃ち合い講座②ということで、ヘッドラインについて解説していきたいと思います。

よろしくお願いします。

ヘッドショットの重要性

シェリフでヘッドショット

ヘッドラインのお話に入る前に、まずはヘッドショットについての確認を取ります。

過去にFPSゲームを何作か遊んできた方からすると常識中の常識だと思いますが、VALORANTでもヘッドショットの重要性はめちゃくちゃ高いです。

銃のいくつかを例を出して、部位毎のダメージを見比べてみましょう。

 

クラシック ゴースト スペクター ヴァンダル
78 105 78 160
26 30 26 40
頭 / 体 3.0 3.5 3.0 4.0

どの武器も頭ダメージが胴ダメージの約3〜4倍になっていることが、表から分かると思います。

このように頭に当てるだけでダメージ効率が段違いになるので、実際の試合でもヘッドショットを狙うことが必要になってくるのです。

VALORANTでは特に(武器によっては)頭に1発当てるだけでキルすることが可能なので、ヘッドショットの重要性は他ゲーより上だと言っても過言ではないでしょう。

 

ヘッドラインを常に意識せよ!

アセントBメインのヘッドライン

では、ヘッドショットの確率を高めるためにはどうすれば良いでしょうか。

フリックの練習?リコイルの暗記?確かにこれらも大事ですが、ヘッドショットの確率に一番深く関わってくるものこそが、今回のメインテーマである「ヘッドライン」なのです。

 

ヘッドラインとは?

ヘッドライン

結論から言うと、ヘッドラインは「頭(=ヘッド)の高さ(=ライン)」のことです。

敵の頭があるであろうラインに常にレティクルを置いておくことで、ヘッドショットの確率を大きく上げることが出来ます。

 

では、なぜヘッドラインがヘッドショット率に大きな影響を及ぼすのでしょうか。答えはマウスを動かす方向にあります。

  • ヘッドライン〇→水平エイムのみ
  • ヘッドライン×→水平+縦(=斜め)のエイムが必要

 

つまり、ヘッドラインを合わせることで「エイムが超楽になる」のです。

 

ヘッドラインを部屋に飾る

FPSを始めたばかりの方によく見られるのが、エイムの位置が下すぎる地面エイム。出来るだけ早く修正したいものです。

ヘッドラインにエイムが合っているだけで本当にヘッドショット率が上がるので、初心者は試合中常にヘッドラインという言葉を頭の中で繰り返すのがおすすめです。

 

これは半ば冗談ですが、でっかくヘッドラインと書いた壁紙を部屋に飾っておくのも良いかもしれません。

 

ヘッドラインが分からなくなったら

何も見なくても常にヘッドラインが合っているのが最高ですが、その域まで到達するには少々期間がかかります。

ということで、ここでは試合中でも出来る簡単なヘッドライン合わせ方法について紹介していきます。

 

①味方の頭に合わせる

ヘッドラインの合わせ方①味方の頭に合わせる

自分と味方の地面の高さが同じ時だけに使えるシンプルな方法。

味方の頭にレティクルを合わせることで、ヘッドラインを確認することが出来ます。

 

②マップのオブジェクトを使う

ヘッドラインの合わせ方②マップのオブジェクトを使う

近くに味方がいない時でも使えるのがこの方法。

マップのオブジェクトを目印にすることで、ヘッドラインを合わせます。

主に使うのが画像のような「箱」です(どのマップにもあります)。この箱の上部に線が入っていると思いますが、この線の少し下あたりがヘッドラインになります。

 

③マウスを動かさず前後に移動

味方もいない、オブジェクトで合わせる方法もど忘れした、なんて時でも使える確認方法も存在します。

 

ヘッドラインの合わせ方③マウスを動かさず前後に移動

まず、どこでもいいのでヘッドラインがありそうな高さにレティクルを合わせます。この際、何か目印があると良いです(画像の場合は箱)。

それが出来たら、後ろに下がるか前に進んでください。

 

ヘッドラインが合っている場合は、画像のように最初に合わせた場所からレティクルが動きません。

一方で、レティクルがヘッドラインより上すぎたり下すぎたりすると・・・

 

上すぎる場合

下すぎる場合

このように、レティクルが元あった目印から大きくずれてしまいます。

 

 

試合中にヘッドラインが分からなくなったらぜひ使ってみてください。

ただ、これらの方法(①〜③)は高低差のある場所へピークする際には使えません。

 

アセントAタワーのヘッドライン

例えばアセントのAラフター。

このような高低差のある場所に顔を出す際でも、もちろんヘッドラインを合わせる必要があります。

このような場所はゲームを遊んでいく内に体で覚えるのが主流ですね。

その他、カスタムゲームでマップをお散歩してヘッドラインを合わせる練習をするのも良いと思います。

 

まとめ

「ストッピング」や「エイム」に比べるとあまり目立たない要素のヘッドラインですが、ホントのホントに大事です。

試合中は常に敵の頭の位置を意識して、少しでも撃ち合いの勝率が高くなるよう心がけていきましょう。

 

第三回はVALROANTの撃ち合いで最も重要な要素と言っても過言ではない「プリエイム」について紹介します。よろしくお願いします。

①ストッピング
②ヘッドライン
③プリエイム
④撃ち方
⑤エイム練習
⑥テクニック

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.