【VALORANT】初心者撃ち合い講座⑤エイム練習をしよう【ヴァロラント】

VALORANT
【VALORANT】初心者撃ち合い講座④様々な撃ち方を練習しよう【ヴァロラント】
今回はVALORANTの撃ち合いで勝つための必須テクニックである「撃ち方」について、その種類と特徴をどこよりも分かりやすく紹介していきます。初心者の方はもちろん、ある程度VALORANTを遊んできた方にもぜひ見てもらいたい記事となっております。

 

皆さんこんにちは。

前回までの初心者撃ち合い講座では、VALORANTの撃ち合いで必須となる技術についていくつか紹介してきました。

 

今回はその撃ち合い技術をフルに活かすための根本となる「エイム」について、中でも練習方法を紹介していきます。

よろしくお願いします。

射撃場

最初の画面から「プレイ」→「プラクティス」と進むと画像のような画面になります。

4つのモードがありますが、今回は「射撃テスト」を選択していきます。(他のモードはたまにやると楽しいです)

 

射撃訓練

射撃場に入って目の前にあるモニターの「射撃訓練」の四角を撃つとbotが10体出てきます。

まずはこれを使用してエイム練習をしてみましょう。

 

棒立ち

ゴーストやガーディアンなどの単発武器で、botの頭をひたすら撃つだけの練習方法。どれだけ正確に頭を当てられるか(=正確なエイムの感覚を腕に覚えさせる)に重点を置きたいので、ゆっくり撃ってもらって大丈夫です。慣れてきたら徐々にスピードを上げてみましょう。

 

シンプルながらなかなか効く、良いbot撃ち方法です。

 

ストッピング

先程は棒立ちでbotを倒しました。今度はストッピングを交えた射撃を練習しましょう。

使用する武器は先程のようなセミオート武器や、ヴァンダルやファントムなど。タップ撃ちや2点バーストと左右移動を繰り返してbotを倒していきましょう。

 

距離や高さを変えよう

これらのbot撃ちはどの距離からやっても大丈夫ですが、時間があれば様々な状況での射撃を練習していきたい。

目の前にあるモニターの上に乗って高低差のあるエイムを練習したり、遠距離でのエイムを練習したり。

 

スピード

ランダムに出現するbotを撃つモード。F3を押すことで難易度(botの消える早さ)を選ぶことが出来ます。

マウスを大きく動かすフリックショットが鍛えられますが、VALORANTはゲームの仕様上大きなフリックが求められる機会がほとんど無いので、このエイム練習法が効率的かと言われると・・・

 

100体排除

倒すことでのみ消滅するbotがランダムな場所に出現します。botの討伐数が100体に達したら終了です。

左右移動とストッピング、射撃を繰り返してbotを倒しましょう。

 

botの出てくる範囲が広すぎるので、真正面から撃つのはおすすめしません。

上下左右のエイムを練習したい方は射撃場に入って左側にあるちょっとした台、水平エイムの練習がしたい方はその下から撃つのがオススメ。

 

デスマッチ

デスマッチは14人のプレイヤーが集まって戦うFFA(Free-For-All)型の練習モード。マップを走り回り出会った敵と撃ち合おう。

この際ただ脳死で撃ち合うのではなく、常にヘッドラインとストッピングを意識しながら動き回り、毎回相手の頭を撃ち抜く気持ちで戦うと効率良く上達出来ます。

 

bot撃ちと異なり対人の練習が手軽に出来る良いモードですが、問題点もいくらかあります(詳しくは省略するけど)。もし自分がデスマッチに向いていないと思ったなら、別の練習方法を行うことをお勧めします。

 

おすすめの練習法

ここまではエイム練習の方法を紹介してきましたが、結局どれをやればいいのかとなりますよね。

 

私のおすすめメニューは「棒立ちbot撃ちとストッピングを入れるbot撃ちを計10分程やった後にデスマッチを1~2戦する」です。これをするだけでエイムが最高に温まり、コンペティティブで良い戦績を出しやすくなります。

 

コンペをやらずにひたすらエイム練習だけをしたい方は、棒立ちbot撃ちやストッピングを入れるbot撃ちを様々なパターン(近距離/遠距離/高低差など)で繰り返すのがおすすめ。また、時折100体排除を混ぜるのも良いと思います。

小さなフリックをひたすら練習し、正確なエイムを体に覚えこませましょう。

 

ちなみに一番やる意味のないエイム練習は「スピード」です。

このゲームはいかに敵の頭付近に(あらかじめ)レティクルを置けるかが重要で、フリックはあくまで最後の調整です。つまり「スピード」で鍛えられる大きなフリックは実戦で使う場面がほとんどありません。

このaim練習は腕試し目的でたまにやるぐらいに留めておきましょう。

 

おわりに

今回はエイムの練習方法について紹介しました。

このような練習方法を毎日コツコツ続ける事で、腕に感覚が染みこみ正確なエイムが実戦でも出来るようになります。FPSは少しの期間で急激に上手くなれるほど甘くはありませんが、継続的な練習を続ければ必ず上達します、頑張りましょう。

 

次回で初心者撃ち合い講座は最終回です。第6回では撃ち合いで勝つためのテクニック(というよりは必須知識)について紹介していきます。これを知っているか知っていないかで勝てる撃ち合いの数がかなり変わってくるので、初心者の方は必読です!

①ストッピング
②ヘッドライン
③プリエイム
④撃ち方
⑤エイム練習
⑥テクニック

 

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.