【VALORANT】初心者撃ち合い講座③プリエイムを徹底しよう【ヴァロラント】

VALORANT
【VALORANT】初心者撃ち合い講座②ヘッドラインを合わせよう【ヴァロラント】
今回はVALORANTの撃ち合いで勝つための必須テクニックである「ヘッドライン」について、そのやり方と特徴をどこよりも分かりやすく紹介していきます。初心者の方はもちろん、ある程度VALORANTを遊んできた方にもぜひ見てもらいたい記事となっております。

 

どうも皆さんこんにちは。

今回は初心者撃ち合い講座③ということで、プリエイムについて紹介していきます。

これを理解しているか理解していないかでは撃ち合いの勝率に雲泥の差が出てしまうので、ぜひ最後まで読んで内容を理解していただきたいです。

 

※プリエイムをマスターするには撃ち合い講座①で紹介した技術(ストッピングとヘッドライン)が必須になるので良ければそちらの記事もどうぞ。

プリエイムとは?

結論から言うと、プリエイムは「敵のいそうな場所に、あらかじめエイムを合わせておくこと」です。

言葉じゃ少し分かりにくいと思ったのでGIFを用意しました。

 

プリエイム

このように、敵のよくいる場所に顔を出すときにはストッピングをする時点でその場所にエイムが合っている必要があるのです

 

 

ぬるぬるピーク

良くない例も挙げておきます。このGIFのように照準を壁に沿らせて動くのは「敵が待っていることの少ない場所」では問題ありません。ただ、敵のいそうな場所でするのはNG。

 

プリエイムの重要性

エイムの負担が少ない

プリエイム成功

プリエイムがしっかり出来ていれば、敵が見えたときにはもう照準が合っている状態なので、あとはマウスをクリックするだけです。エイムなんていりません。

 

少し盛りました。実際にはマウスを動かす必要のある場面も多いです。

ただ、マウスの動かす量はプリエイムをしない場合と比べて少なく済むことがほとんど。エイムが苦手な人でも安心ですね。

 

ピークアドバンテージ

ピーカーズアドバンテージ

皆さんはピークアドバンテージ(ピーカーズアドバンテージ)という言葉を聞いたことがありますか?「飛び出し有利」と言い換えると分かりやすいですかね。

VALORANTではこのピークアドバンテージが存在し、基本的に飛び出し側が有利です。

 

理由は様々あります。例えば「飛び出し側は、待ち側よりも先に相手の体を見ることが出来る」という描写速度の違いによって生じる有利。

また、「いつ撃ち合いが発生するかを予測できない待ち側よりも、自分で勝負のタイミングを選べる飛び出し側の方が集中しやすい」というのもあります。

 

このピークアドバンテージにより、プリエイムが上手く出来れば棒立ちの敵を一方的に撃ち倒すことが可能になるのです(敵目線だとこちらの姿が見えた時には既にキルされている)。

 

プリエイムのやり方

それではプリエイムのやり方について見ていきましょう。

 

①:敵のいそうな場所を予測する

アセント

まずお伝えしたいのが、このゲームの待ちポジションはマップ毎にある程度決まっているということ。

これに関してはマップに関する知識が必要になりますが、ゲームを続ければ自然と分かるようになってくるでしょう。

基本はその待ちポジションに向けてプリエイムを仕掛けていきます。

 

②:壁にレティクルを合わせる

壁にレティクルを合わせる

プリエイムのキモと言えるのがこの工程。

プリエイムを仕掛けたい場所から少しだけ平行にずらした位置」を目安に壁にエイムを合わせます。

ここは慣れが超大事なので、ゲームをたくさんプレイして体に覚えこませてください。(少し面倒ですが)場所毎に目印で覚えていくのもあり。

 

③:ピークする

プリエイム:ピーク

①で予測した敵のいそうな場所へ横移動し、ストッピングをします。

この際、移動キーのみを押してください。shiftキーを押して歩くのはダメです(飛び出し有利の効果が薄くなります)。また、マウスも動かしてはいけません。

 

※足音についてはご安心を。このゲームは走る時間が一瞬だけなら足音は鳴らないようになっています

 

④:敵がいたらエイムを合わせて撃つ

プリエイム:射撃

もし敵がいたらそのままマウスをクリックして銃を撃ってください。

レティクルが敵の頭から離れている場合は、エイムを合わせて撃ちましょう(③までがしっかり出来ていれば、マウスの動かす量は少なく済むハズ!)。

 

試合をこなして体で覚える

ヴァロラント

プリエイムのやり方が分かったら、あとは試合で実践するだけです。

最初の内はヘッドラインが合わなかったりして少し苦戦するかもしれませんが、やっていくうちに慣れます。頑張りましょう。

 

※プリエイムがあまりにも苦手な方は、カスタムゲームでプリエイムだけの練習を積むのも良いと思います

 

おわりに

今回までの初心者撃ち合い講座では、「ストッピング、ヘッドライン、プリエイム」について説明してきました。

VALORANTの撃ち合いはこの3つがとにかく大事なので、ぜひ練習を積んで精度を上げてください。

 

「ヘッドラインを合わせながらプリエイムをしてストッピング、敵がいたらマウスをクリックする。」この一連の動作が出来るだけで相手がどれだけ格上でも轢き〇せます。頑張ってください。

(文字だと簡単そうに見えるけど、実際の難易度はかなり高いです。長い期間ゲームをプレイして動きを体に染み込ませるのがコツ)

 

それでは良きVALORANTライフを!

 

【VALORANT】初心者撃ち合い講座④様々な撃ち方を練習しよう【ヴァロラント】
今回はVALORANTの撃ち合いで勝つための必須テクニックである「撃ち方」について、その種類と特徴をどこよりも分かりやすく紹介していきます。初心者の方はもちろん、ある程度VALORANTを遊んできた方にもぜひ見てもらいたい記事となっております。

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.