【VALORANT】新エージェント「チェンバー」のアビリティ、使い方まとめ【ヴァロラント】

VALORANT

2021/11/17(水)、新エージェントのチェンバーがついにゲーム内に登場しました。

今回はそんな彼の持つ強力なアビリティの特徴やその使い方について解説していきますので、ぜひ最後まで見ていってください。

チェンバーについて

お洒落も武器も一流の装い。フランスの武器デザイナー「チェンバー」が放つ、致命的な精度の一撃を目撃せよ。特製の武器で相手チームの侵攻を阻み、遠距離から狙い撃て。そして、あらゆる計画に対する完璧な策略をめぐらせろ。

 

今いる3人のセンチネル(セージ、サイファー、キルジョイ)はどれも敵の進行を止めることや索敵を得意としてきました。しかし、チェンバーはこれらのセンチネルとは異なるアプローチ方法を求めて作られたと開発インタビューでは語られています。

自らがデザインした武器を用い、戦場を戦い抜く「紳士の暗殺者」。クールに使いこなせればカッコイイことこの上なしです。

 

アビリティ

Q – ヘッドハンター

コスト(1発) 100
弾丸の最大ストック 8
説明 発動してヘヴィーピストルを装備する。ADS状態のピストルでオルト射撃する。
ダメージ 0~50m
頭部 159
胴体 55
脚部 46

※このダメージはシェリフの0~30mと同じになります。

※壁抜きは威力減衰あり

 

ADSが可能な(ADS無しでも撃てます)シェリフのような銃を持ちます。全距離HS一撃なので、本人の腕が試されます。

 

クレジットの節約に

ヘッドハンターを使えば800円未満のクレジットでシェリフを使うことが出来るため、エコラウンドなどでクレジットの節約に使えます

ただ、1発100円で8発までしか購入出来ないため、むやみに連射してるとシェリフよりクレジット効率が悪くなるので注意しましょう。

 

E – ランデブー

コスト 0
アンカーの範囲 半径10m
再使用条件 15秒経過
最大所持数 1
説明 テレポートアンカーを2つ設置する。地上でアンカーの範囲内にいる時に再発動すると、別のアンカーに素早くテレポートする。アンカーは回収して再設置可能。

 

テレポートスキルです。ヨルのゲートクラッシュから硬直を無くしたようなものになります。ジェットのテイルウインド(ブリンク)とも似ていますね。

(あれ、これじゃゲートクラッシュの存在意義が・・・)

 

ただ、アンカーを2つ設置し、かつ(片方のアンカーの)10m以内にいないとワープを発動出来ないため、事前に準備をする必要があります。

デュエリストのジェットとヨルは能動的に、というか困ったらすぐにワープを使うことが出来ますが、センチネルのチェンバーはそうはいきません。

 

【全マップ/防衛】チェンバーのランデブー(ワープ)設置場所まとめ【VALORANT】
11/17日、ついに新エージェントの「チェンバー」が実装されました。皆さんはもう使ってみましたか? 今回は、チェンバーのアビリティの一つ「ランデブー」(通称ワープ)を強く使えるポジションを全マップで紹介していきます(防衛のみ)。 ...

【追記】防衛で使えるワープ場所を全マップ分こちらの記事で紹介しています。オペレーターと組み合わせると破壊力抜群です。

 

オペレーターと合わせよう!

ワープ前の硬直が無いので、ジェットのテイルウインドのように撃ち合いがガバった時の緊急脱出手段として使えます

オペレーターやアルティメットと組み合わせていきましょう!

 

使い方①先置き

AメインでFBを狙う場合

あらかじめアンカーを2つ置いておくことで、緊急時にいつでも逃げられる状況を作ります。

防衛でFBを狙う時に使えるほか、反対側のサイトに寄るまでの時間を短縮することも出来ます。

 

使い方②後置き

安全な場所

まず、安全な場所にアンカーを1つ置きます。その後、サイトに入ってポジションに付いたら自分の近くに2個目のアンカーを置きます。

すると、緊急時にいつでも逃げられる状況が作れます。

攻めでおすすめの使い方です。

 

C – トレードマーク

コスト 150
最大所持数 2
説明 敵をスキャンするトラップを設置する。視認できる敵が射程内に入るとトラップのカウントダウンが始まり、敵の周囲の地形を不安定にして遅延フィールドを発生させ、その中にいるプレイヤーの動きを遅くする。

 

索敵+遅延が可能、チェンバー唯一のセンチネルっぽいスキルです。

遅延フィールドはセージのスロウオーブと同じもので、範囲はキルジョイのナノスワームと同じ。

 

索敵範囲があまりにも広いですが、他のアビリティとは異なり近付かなくてもトラップを目視出来てしまうので、置く場所には注意しましょう。

 

クリアリングにも使える!

トレードマークの範囲内に敵が入ると、反応して近付くため、クリアリングに使うことも出来ます。

壁に乗ったセージなどにもちゃんと反応して追いかけるので、トレードマークの動きはしっかり観察しましょう。

 



アルティメット

X – ツール・ド・フォース

ウルトポイント 7
マガジン 5
説明 直撃すると必殺となる、強力なカスタムスナイパーライフルを召喚する。敵をキルすると遅延フィールドが発生し、その中にいるプレイヤーの動きを遅くする。
ダメージ 0~50m
頭部 255
胴体 150
脚部 150

※壁抜きは威力減衰あり

 

ULTを使うと弾数5のオペレーター(足でも一撃ver.)を持ちます。これで敵をキルすると、C – トレードマークと同じように周りにスロウフィールドが発生します。

名前がツールドフランスに似ていますが、ロードレース要素は(多分)ありません。

 

立ち回り

攻め

罠(トレードマーク)を設置し、必ず裏取りの警戒をしましょう。

ワープがあるおかげで有利に撃ち合えるので、センチネルですが先頭に立つのもあり。エントリーだけはデュエリストに任せましょう。

 

守り

ファーストブラッドを狙いに行きましょう。あらかじめワープを設置しておき、危なくなったらすぐ帰還。気分はジェットです。

 

共通

チェンバーは他センチネルと違い、後続でカバーをするタイプというよりは、先頭に立って撃ち合っていくエージェントです。

ワイヤーやナノスワームのようなアビリティを活かしたフリーキルが出来ないので、本人の撃ち合い能力が求められます。

 

チェンバーは第二のジェット?

チェンバーはジェット(やレイナ)と同じく、好きなタイミングで戦線離脱が出来るアビリティを保有しています。そのため隙の大きいオペレーターと非常に相性が良いです。

しかし、チェンバーは高所へ登れませんし登れましたが、身を隠すスキルがありません。ウルトを使えば無料でオペレーターを担げますが、それ込みでもジェットの方が上でしょう。

 

ジェット
ジェット

付いてこれると思ってるの?まさか、冗談でしょ

 

(ジェットの唯一無二のエントリー性能も考慮すると)現状だと第二のジェットにはなりえないですが、今後ジェットが弱体化などにより環境から落ちるようなことがあれば、チェンバーが第二のジェット…というよりはオペ役(Awper)になるかもしれません。

 

撃ち合い重視のエージェント

Riotgamesは、VALORANTのEP3act1が始まる前に「スキルの比重を下げ、撃ち合いを重視する調整をしていく」との開発コメントを残しました。

実際にEP3act1では多くのスキルが弱体化し、武器の価格にもいくらか調整が。また、同時に敵のスキルを封じるKAY/Oが実装され、VALORANTはパッチ3.0で大きな転機を迎えました。

 

そして今回、パッチ3.10で実装される新エージェント「チェンバー」も、かなり撃ち合いに比重を置かれたキャラになっています。安価で使えるシェリフやオペレーターはもちろん、ワープスキルも銃撃戦の後の移動に最適なため、その日の撃ち合いの調子次第では強キャラにも弱キャラにもなりえそうです。

 

レイナ
レイナ

呼んだかしら。



まとめ

Q – シェリフ(1発100円) E – 硬直無しワープ C – 索敵兼スロウオーブ X – オペレーター

センチネルにしては攻撃的なアビリティが多く、第二のオペ適性キャラとして期待されているチェンバー。果たして万能キャラとして環境入りするのか、それともセンチネル要素もデュエリスト要素も中途半端で採用されずじまいに終わるのか、気になるところです。

実装は11月10日(水)?17日(水)?のパッチ3.10にて、お楽しみに!

 

 

他エージェントの「虎の巻」シリーズもよろしくお願いします。

(名前をクリックするとそのエージェントの解説ページに移ります)

<デュエリスト>
ジェット レイズ フェニ レイナ
ヨル
<センチネル>
セージ サイファー キルジョイ チェンバー
<イニシエーター>
ブリーチ ソーヴァ スカイ KAY/O
<コントローラー>
ブリム オーメン ヴァイパー アストラ

 

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.