【VALORANT】ヘイヴン編|スパイカメラ“最強”まとめ!【ヴァロラント】

ヘイヴン編|スパイカメラ”最強”まとめ VALORANT

ヘイブンのスパイカメラってどこに設置すればいいの?という方向けに、実践で使えるカメラを攻守に分けて紹介していきます。

ちょっと多いですがこれさえ押さえておけばヘイブンのカメラはOKです!

攻め

A側

Aロング①

Aロングでワンピックを狙いに来る敵を見つけるカメラ。オペレーターを発見したい際にどうぞ。

ラウンド開始直後に使うと強力です。

 

Aロング②

Aロングの箱裏を確認出来るカメラ。

Aサイトも少し見れますが基本は箱裏のクリアリング用カメラなので、設置してすぐ起動し真下を見ればそれで役目は終わりです。破壊されなければ回収しましょう。

 

Aサイト入り口①

AサイトとAサイト入り口右の死角をクリアリング出来るカメラ。設置して起動したらとりあえず真下に視点を移そう。

 

Aショート(下水道)

Aショートで待っている敵を発見出来るカメラ。

相手がエコしてきそうな時にショットガン対策として使うのがオススメ。

 

Aサイト入り口②

AショートからAサイトに入っていくならこのカメラでクリアリングしていこう。

 



B側

ミッド

ミッドの情報を得ることが出来るカメラ。BサイトやCガレージから詰めてくる敵を発見することが出来ます。

 

Bサイト入り口

サイト入り口横の角で待機している敵を発見出来るすごく便利なカメラです。Bサイトを攻めるならぜひ使っていきたい。

 



C側

Cショート

Cショートのクリアリングならこれ一択と言っても過言ではありません。非常に使い勝手の良いカメラです。

 

通路

CショートからCサイトへ入りたい時にクリアリング要因として使うカメラ。

 

Cサイト裏

Cサイトの後ろ側やCリンクをクリアリング出来るカメラ。

 

ステージ裏を索敵するならこれ

 



守り

A側

Aサイト①

(↑ジャンプ設置しよう)

Aサイトを広く見渡せるカメラ。サイトの入り口をいい感じの角度で覗けます。

設置も簡単なので困ったらここに設置しましょう。

 

Aサイト②

敵にほぼ見つからない強力なカメラ。

引き守りをしたい時におすすめの位置です。

設置方法は以下の通り。

 

①Aタワーから手前にあるトラックの形をした箱の上に飛びのる

 

②画像のようにカメラを構えてジャンプして設置する

 

これで設置出来ます・・・が、タワーから箱上に乗るのを失敗するとダメージを受けてしまうので、リスクを背負いたくない方は下から設置しましょう。

 

ただその分敵に見つかりやすくなってしまいます。

ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンですね。

 



B側

Bサイト入り口

Bサイトを広く見れるカメラ。敵に見つかりにくいのが強み。

スパイクを設置された後、リテイクする直前にカチッと起動するだけで敵の位置が丸裸に!

 

Bサイト①

(↑ジャンプして設置しよう)

Bサイトとサイト入り口を広く見渡せるカメラです。

 



C側

Cショート

Cショートを上から広く見渡せるカメラ。ほとんど敵に見つかりません。

 

Cロング①

ラウンド開始直後に使うと強いカメラです。

C側に敵が来ているかどうかを確認出来ます。敵が見えなければA攻めの可能性が高いです。

 

Cサイト①

カチャカチャ音を立てなければまずバレないカメラ。Cロングからも見えません。サイト内に入ってくる敵を一方的に盗撮しよう。

 

Cサイト②

ロングに来る敵とショート(ガレージ)に来る敵を見れるカメラ。設置位置に困ったらここに設置していこう。

 

箱の上から設置するのもあり(高めに設置出来るので敵に見つかりにくくなる)。

 



まとめ

ヘイブンはマップの構成上覚えるべきカメラの設置位置も多くなりますが、頑張りましょう。

スマホでこのページを見ながらコンペティティブをプレイするのもありだと思います。

自由自在にカメラを操って一流のサイファー使いになりましょう。

 

それでは今回はここまでです。お疲れさまでした!

 

 

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.