【VALORANT】バインド編|トラップワイヤー“最強”まとめ!【ヴァロラント】

バインド編|トラップワイヤー”最強”まとめ VALORANT

バインドのトラップワイヤーってどこに設置すればいいの?という方のために、実践で使えるワイヤー設置位置を攻め守りに分けてまとめました。

攻め

A側ワイヤー(セット)

Aサイトを攻める時はこのワイヤー。裏取りしてくる敵を見つけることが出来ます。

 

どちらのサイトを攻めるかによって次のワイヤーと使い分けていくのがベストですが、面倒なら全ラウンドこのワイヤーでもOKです。

 

B側ワイヤー(セット)

Bサイトを攻める時はこれでOK。

スポーン地点から回って来る敵は対処出来ませんが、わざわざそんな大回りをしてくる人なんてほぼいないので考慮に入れなくて大丈夫です。

 



守り

A側

浴場

浴場から来る敵を発見出来ます。また、画像のように設置すれば相手側からすると結構破壊しにくいです。

また、相手はワイヤーに気を取られるあまりサイト入り口横の二段ボックスのクリアリングを忘れがちになるという、ちょっとしたメリットもあります。

 

ラウンド開始後もう少し奥に設置するのもありですね。

こちらの方が敵の襲来に早く気付ける&ワイヤーを切る前にサイト内を覗かれることが無いのがメリットです。

ただ、「ワイヤーだけ破壊→すぐ引き返してBに行く動き」には注意。

 

Aサイト入り口

敵の襲来を知らせてくれる&引っ掛けてキルするためのワイヤーです。

 

Aランプ

ランプを取りに来る敵を返り討ちにするワイヤー。スモークが焚かれることの多い場所なので、かなーり気づかれにくい(=引っかかってキルに繋がりやすい)です。

 

一度引っ掛けて倒すとさすがに次は警戒されてしまうので、2回目はもう少し奥側に設置すると良いです。

 

階段下

敵に警戒されにくいワイヤー。位置の都合上スパイク保持者が引っかかりやすいです。



B側

Bウィンドウ①

ウィンドウからの侵入を知らせるワイヤー。可もなく不可もなく、使いやすい鉄板ワイヤーです。

 

Bウィンドウ②

縦のワイヤー、引っかかれば最強です。引っかかれば・・・上手く降りれば躱して進むことが出来るのであまり刺さりません。

ラッシュのようなワイヤーの位置を確認する暇がない(Bウィンドウで立ち止まらない)戦法に対しては強力です。

 

Bウィンドウ入り口

敵が攻めてくるのをいち早く発見したい・・・なんてときはこのワイヤー。

ウィンドウでショットガンを持って前目で守りたい時とかにおすすめです。

 

Bガーデン

ガーデンからの侵入を知らせるワイヤー。

ラウンド開始後にガーデンとロングの間に設置するのもあり。

 

Bサイト①

バインドのBサイトは地面が凸凹になっているおかげで、地面すれすれの気づかれにくいワイヤーのバリエーションが豊富です。

まず初めに紹介するのはコンテナの横を通って来た敵をキルするためのワイヤー。

コンテナに乗ってしまえば簡単に躱して通り抜けられてしまうのが難点ですね。そこまで優先して使いたいワイヤーではありません。

 

Bサイト②

これもサイト内に入ってきた敵をキルするためのワイヤーです。エルボーからモク抜きを狙いましょう。

結構引っかかってくれます。

 

Bサイト③

エルボーに向かう敵を引っ掛けるワイヤー。

サイファー自身はエルボーで控えて、敵が引っかかったらモク抜きで倒していこう(攻めが焚いてくるスモークを活かそう!)。

 

Bサイト④

地面すれすれワイヤー第四弾。全然見えない化け物トラップです。

出来れば2つセットで置きたい。

 

「カメラで敵が入ってきたのを確認」→「ケージ起動」→「ワイヤーに引っかかった敵をモク抜き」みたいな守り方がオススメ。

 



まとめ

ワイヤーの設置位置を覚えて臨機応変に使えるようになればチームの勝利に大きく貢献出来ます。実際の試合で使ってどんどん腕を磨きましょう。

それでは!お疲れさまでした!

 

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.