【使用頻度:低】キルジョイ:ロックダウンまとめ2【VALORANT】

VALORANT
【VALORANT】キルジョイ:ロックダウン設置場所まとめ【ヴァロラント】
キルジョイのロックダウンを効果的に使える設置場所をマップ別に紹介していきます(ブリーズ以外)。重要なものだけをピックアップしているので、これさえ覚えればロックダウンで困ることは(ほとんど)無いでしょう。

前回の記事をまだ見られていない方は、先にそちらをチェックしてください。実戦で使うロックダウンの8割はそちらに載っています。

 

今回は前回の補足で、時間稼ぎやロックダウンのカウンターとして使えるロックダウンを紹介していきます(一部前回と同じものもあります)。

ただ、そこまで重要じゃない&ロックダウンの使い方を理解していたら自然に思いつくようなものばかりなので、ざっと通し見するだけで大丈夫です。

使い方

時間稼ぎ

攻めの時間稼ぎロックダウン

ラウンド勝利のための時間稼ぎにロックダウンを使います。

 

攻め:スパイク設置後、敵がサイト手間まで集まってきたタイミングでロックダウンを使用することで、サイト内への侵入を遮断、スパイク起爆までの時間を稼ぐ。

守り:ラウンド時間残り20~25秒辺りでロックダウンを設置することで、時間を稼ぎ、スパイク未設置によるラウンド勝利を狙う。

 

このロックダウンを使うと敵は

  • 無理やり破壊する
  • ロックダウンの範囲外でやり過ごす

の2択を迫られます。

 

敵がロックダウンの破壊を狙っている場合は、「通路にナノスワームを設置→起動するなどしてロックダウンを守り切るか、ロックダウンを囮にし、夢中になる敵を横から倒す」と効果的です。

 

カウンター

守りのカウンターロックダウン

敵がアクションを起こした時(主にロックダウン)のカウンターとして使います。

 

攻め:敵がリテイクのロックダウンを使ったタイミングで自分も使う

守り:敵がロックダウンを使ったタイミングで自分も使う

 

このロックダウンも時間稼ぎと同様に敵は

  • 無理やり破壊する
  • ロックダウンの範囲外でやり過ごす

の2択を迫られます。敵が破壊しに来た時の立ち回りも時間稼ぎのロックダウンと同じです。

 

カウンターロックダウンの強み

敵キルジョイ

逃げた方がいいかもね♪

自分

カウントダウン開始~!

 

カウンターロックダウンは、表面上はただの1:1交換に見えますが、実際にはかなりのメリットがあります。

  • ロックダウンは後出しの方が強い
  • 敵の作戦を崩せる
  • 敵が無理やり破壊しに来る場合、有利な状況を作れる
  • (攻撃)ポジションを整える時間が作れる
  • (防衛)味方が寄る/詰める時間を作れる

 

アセント

A側

守り:時間稼ぎ/カウンター

アセント Aリテイク(Aガーデン) ロックダウン

強さ ★★
範囲 Aサイト内全域
立ち回り カウントダウンが終わるまではAショートを離れず、ロックダウンを死守する。

 

B側

攻め、守り:時間稼ぎ / カウンター

アセント Bサイト ロックダウン

強さ ★★
範囲 Bサイト内全域、Bメイン
立ち回り(攻め、守り共通) 緑箱裏やBボートハウスに身を潜め、ロックダウンに気を取られた敵を横から倒す。

攻めで使う場合

守りで使う場合



バインド

A側

攻め:時間稼ぎ/カウンター

バインド Aサイト内 ロックダウン

強さ ★★
範囲 Aサイト内全域
立ち回り 破壊しやすい位置なので、無理にロックダウンを守る必要はありません。

 

守り:時間稼ぎ/カウンター

バインド B守り ロックダウン

強さ
範囲 Aサイト内全域
立ち回り 破壊しやすい位置なので、無理にロックダウンを守る必要はありません。

 

B側

守り:時間稼ぎ/カウンター

バインド Bエルボー ロックダウン

強さ ★★★
範囲 Bサイト内全域
立ち回り ロックダウンを死守する(Bホールから回ってくる敵にも気を付けよう)。



スプリット

A側

攻め:時間稼ぎ/カウンター

スプリット Aサイト ロックダウン

強さ ★★
範囲 Aサイト内全域
立ち回り Aバックからゴリ押ししてくる敵に気を付ける(ナノスワームを使うのがおすすめ)。

 

B側

攻め:時間稼ぎ/カウンター

スプリット Bサイト ロックダウン

強さ ★★
範囲 Bサイト内全域
立ち回り BガレージやBバックに移動し、ロックダウンを破壊しに来る敵を横から倒す。

 

守り:時間稼ぎ/カウンター

スプリット Bリテイク ロックダウン

強さ ★★
範囲 Bサイト内全域
立ち回り 基本はロックダウンを守る。敵が来なさそうな雰囲気ならサイトに入ってもOK。



ヘイヴン

A側

攻め:時間稼ぎ/カウンター

ヘイヴン Aサイト内 ロックダウン

強さ ★★
範囲 Aサイト内全域
立ち回り① ロックダウンを破壊しに来る敵を警戒する。
立ち回り② ロックダウンは放置してAロングに回るのもあり。

 

守り:時間稼ぎ/カウンター

ヘイヴン Aリテイク ロックダウン

強さ ★★
範囲 Aサイト内全域
立ち回り  ミッドから上がってくる敵を必ず警戒する

 

 

B側

攻め:時間稼ぎ/カウンター

ヘイヴン Bサイト ロックダウン

強さ ★★
範囲 Bサイト内全域
立ち回り 中央ドア、中央ウィンドウを必ず警戒する。

 

C側

攻め:時間稼ぎ/カウンター

ヘイヴン Cサイト ロックダウン

強さ ★★
範囲 Cサイト内全域、Cショート、Cリンク
立ち回り① 破壊されやすい位置なので、無理に守る必要は無い。
立ち回り② 攻撃側スポーン地点を通ってCロングに来る敵に注意(キルジョイがサイト内にいると、アラームボットが範囲外になっていることが多い)

 

守り:時間稼ぎ/カウンター

ヘイヴン Cリテイク ロックダウン

強さ ★★
範囲 Cサイト内全域
立ち回り Cショートに敵を入れさせない。



アイスボックス

攻め:時間稼ぎ/カウンター

アイスボックス Aサイト ロックダウン

強さ ★★★
範囲 Aサイト内全域
立ち回り Aネストなどに隠れて破壊しに来る敵を迎え撃つ。

 

守り:時間稼ぎ/カウンター

アイスボックス Aリテイク ロックダウン

強さ ★★
範囲 Aサイト内全域。
立ち回り 破壊されないようにロックダウンを守り切る。

 

攻め:時間稼ぎ/カウンター

アイスボックス Bサイト ロックダウン

強さ ★★
範囲 Bサイト内全域
立ち回り この位置のロックダウンを守り切るのは難しいため、無理はしない。


ブリーズ

ロックダウン最弱マップです。別のキャラを使いましょう。

 

フラクチャー

A側

攻め:時間稼ぎ/カウンター

フラクチャー Aサイト ロックダウン

強さ ★★
範囲 Aサイト内全域
立ち回り① 敵が近寄る足音を聞き、隙を見てピークして倒す。
立ち回り② (移動出来そうなら)Aメインなどの別の場所に移動する。

 

B側

攻め:時間稼ぎ/カウンター

フラクチャー Bタワー ロックダウン

強さ ★★
範囲 Bサイト全体
立ち回り ロックダウンを守り切る。ナノスワームをタワー入り口に焚くのがおすすめ。

 

攻め/守り:時間稼ぎ/カウンター

フラクチャー B地下 ロックダウン

強さ ★★★
範囲 Bサイト内全域
立ち回り(攻め、守り共通) 敵の位置を把握してから使用したい。

 

おまけ:変態壁抜きに注意!

アセント Aメイン ロックダウン 壁抜き

アセント Aガーデン ロックダウン 壁抜き

ヘイヴン Aショート ロックダウン 壁抜き

画像の3ヵ所(アセントのAメイン、Aガーデン。ヘイヴンのAショート)のロックダウンは、反対側から壁抜きすることが出来ます

これはロックダウン本体が壁と重なっているために起こる現象で、まれにこのテクニックを使ってくる敵がいるので気を付けてください。

 

対処方法は以下の通りです。

 

ロックダウンを真下に置けば、壁抜きされずに済みます!

真下に設置すれば、ロックダウンが壁にめり込まなくなり、壁抜きされることも無くなります