【VALORANT】キルジョイ 虎の巻 ~特徴、立ち回りまとめ~【ヴァロラント】

【VALORANT】キルジョイ 虎の巻 ~特徴、立ち回りまとめ~【ヴァロラント】 VALORANT

皆さんこんにちは!

今回はVALORANTの数あるエージェントの中でも『キルジョイ』に焦点を置いて解説していきます!

ぜひ最後まで見ていってください。

キルジョイについて

ドイツ出身の天才キルジョイは、発明した兵器を操り、難なく戦場を掌握する。敵の動きを止めるのに武器によるダメージでは不十分なら、彼女のロボットを使ったデバフが敵の迅速な処理に一役買うだろう。

_____公式サイトより

 

キルジョイはact2(2020/8/5~)から参戦したエージェントで、様々な機械を自在に操りフィールドをコントロールします。

索敵アビリティを2つ所有しており、サイファーと対比されることの多いエージェントです



アビリティ

Q – アラームボット

アラームボット

コスト 200
回収後クールタイム 20秒
最大所持数 1

 

敵が近付くと反応し、爆発する機械を設置します。

この爆発(範囲攻撃)に巻き込まれた敵は「弱体化」状態(受けるダメージが2倍)になります。

 

主な使い方は裏取り対策(攻め)やサイトの見張り(守り)など。サイファーのワイヤーと違い高低差があっても発動するので、アップドラフトなどのアビリティで無視されることがなく使い勝手がとても良いです。

 

距離制限

アラームボットから40m以上離れていると機能が停止します

パッチ1.11より、キルジョイがアラームボットから40m以上離れている時は稼働しないようになってしまいました。

昔は設置さえしておけば離れても大丈夫でしたが、今は親身に寄り添う必要があります。

使い辛くはなりましたがまだまだ強力なアビリティです。

 

回収について

アラームボットは設置後でもQを長押しすることで回収することが出来ます。

そして回収した後は再び設置することが出来るのですが、ラウンド開始前には0秒、ラウンド開始後は20秒のクールタイムが必要です。

 

また、パッチ1.11以前は使ったアラームボットを次のラウンドにも持ち越せましたが、今はラウンド開始後に使ったアラームボットは何をしても持ち越すことが出来ません。

クレジットの不足に注意しましょう。

 

E – タレット

タレット

コスト 0
回収後クールタイム 20秒
破壊後クールタイム 45秒
HP 125
最大所持数 1
ダメージ(1発)
0~20m 8
20~35m 6
35~m 4

 

タレットは180度の視界を持ち、見つけた敵に3点バーストの銃弾を浴びせます。

マップや射撃音で敵の襲来を知らせてくれるので、サイトの見張りや裏取り対策にうってつけなアビリティです。

ただ、背後ががら空きなのが弱点。

 

クリアリング、撃ち合いの補佐にも

クリアリング、撃ち合いの補佐に最適

タレットの銃撃は貧弱ではありますが、HPがそれなりにある事も踏まえるとピストルラウンドならかなりの脅威になりえます

また、タレットの攻撃を受けた敵は通常の銃弾を受けたときと同じように移動速度が下がります(ヒットストップ)。

敵の意識をタレットに向かせている内にキルジョイ自身は別角度から敵を狙い撃つ(攻めでも守りでも使える強力なテクニック)ことで、楽にキルを取りましょう。

タレットとキルジョイはまさに「2人で1つ」です。

 

距離制限

キルジョイがタレットから40m以上離れていると、タレットは停止する

アラームボットと同様の弱体化をタレットも受けてしまいました。

「キルジョイがタレットから40m以上離れていると、タレットは停止する」というもの。

これにより”Aサイトの見張りはタレットに任せてキルジョイはBサイトの援護に回る”というような動きが不可能になりました。かなり使い勝手が悪くなりましたね。

 

毎回同じ場所に設置するのは弱い

タレットは敵が視界に入ると効果が発動しますが、視界に入らないとその効果を発動させることが出来ません。

・・・ということは、タレットのある場所にスモークを炊かれると、タレットは一切仕事をすることが出来ません!(逆に言えば、相手にキルジョイがいたら、タレットはスモークで対策していこう!)

 

毎回同じ場所にタレットを置いていると簡単に対策されてしまうので、ちょくちょく置く場所を変えていきましょう

 

C – ナノスワーム

ナノスワーム

コスト 200
効果時間 4秒
DPS 45
最大所持数 2

 

ホットハンドやインセンディアリーのようなモロトフ系アビリティの一つ。

他のモロトフ系アビリティとの大きな違いとして「設置型で任意のタイミングで発動させることが出来る」「ある程度の高低差があってもダメージを受ける」ことが挙げられます。

 

かなり強力なアビリティですが、「起動させる前に銃で撃たれると破壊される」という弱点もあります。

 

索敵スキルに合わせて使ってみよう

ナノスワームを索敵アビリティと組み合わせると強力

例えばナノスワームと索敵アビリティ(アラームボット、タレット、トラップワイヤーなど)をサイト入り口に設置。

索敵アビリティが反応してすぐナノスワームを発動すれば、敵にダメージを与えやすかったり上手く敵の進行を抑えることが出来ます

 

スパイク解除の邪魔をしよう

ナノスワームでスパイク解除の邪魔をしよう

スパイク設置後ナノスワームをスパイク周りに設置し敵が解除するタイミングで起動させることで、遠距離からスパイク解除を妨害することが出来ます。

人数不利からでもワンチャンを狙える強力な小技ですが、ナノスワームは敵に攻撃されると破壊されるので慢心は禁物。

 

一応壁越しに投げて発動させる方法も存在はしますが、起動前に破壊されることが多いので無理に覚える必要も無いと思います。

 



アルティメット

X – ロックダウン

ロックダウン

ウルトポイント 7
HP 150
チャージ時間 13秒

 

ロックダウンデバイスを設置し13秒のチャージ時間を経た後、大きな円の範囲内にいる敵全員を8秒間拘束します

使うだけで敵を円の範囲の外に出すことが出来るので、エリアの制圧に打って付けです

 

強力なアルティメットではありますがが、ロックダウンデバイス(HP150)は敵が攻撃することで破壊が可能です。

射撃だけでなくオービタルストライクやハンターズヒューリーなどのアルティメット、ショックボルトやブラストパックなどのアビリティでも破壊が可能で、対策方法はかなりの数があります

 

隙間を作らず徹底的なクリアリングを!

ロックダウンを使用する際はマップ隅の隙間に注意!

Xを押しロックダウンデバイスを構えると、マップに効果範囲が表示されます。

このアルティメットは基本的にサイトのクリアリングに用いますが、サイトの角が効果範囲に入っていないとちょっと弱くなるので、しっかり入るようにしてから使用していきましょう。

 

ただサイトの角が入ってなかったらそこに敵が逃げていくのが確定しているようなものなので、決め撃ち気味に戦いに行ったり壁抜きしたりナノスワームで逃げ場を無くしたり、レイズにグレネードを投げてもらったりすると効率よくエリアを制圧することが出来ます。

 

このロックダウンは引っかかります

人間一人分未満の広さなら空けても大丈夫です!

上の画像の場合だと隅っこに行っても拘束されちゃいます。

 

全体的な立ち回り

攻め

死ぬとタレットが置物になってしまい、加えてスパイク設置後も強いエージェントなので出来るだけスパイク起爆まで生き残りたいです

基本は裏取り対策用のタレットかアラームボットを置いて、味方のカバーに努めよう。

 

また、裏取り対策はアラームボットに任せてタレットはピーク要因として使うのも強力。直接覗くのは嫌な場所をタレットに覗かせたり、タレットを置いたまましばらく待ち敵が現れたらピークして倒す動きも強力です。

 

守り

タレットとアラームボットは距離制限があるので、基本は片方のサイトだけを守る感じで行きましょう。

別のサイトへの攻めが確定したら(スパイク設置音やセットアップの開始、スパイクドロップ等)タレットを回収して味方の援護に向かいたいですね。

ただ、毎ラウンドずーっとサイト内に篭ったままだとその情報を敵に利用されてしまうので、時には前目で守ったり、少し詰めて情報を取りに行くと良いでしょう。

 

また、守りのアビリティ配置は出来ればパターンをいくつか用意しておきたいですね。ずっと同じ配置を使ってると簡単に対策されてしまいます。

 

守りの戦略でよくあるのが

  • タレットを置いて、反応したらピークしてキルを狙う
  • 索敵アビリティが反応したところでナノスワームを展開し足止め
  • 引き目に守って設置の際にナノスワームを起動、隙が出来たところを一気にリテイク
  • サイト内への進行は無理に止めないが、リテイクで重要になるエリア(バインドBのエルボーなど)だけは全力で死守する

 

共通

キルジョイ
キルジョイ

エリアの制圧は私に任せて。そのぶん他で働いてよね♪

キルジョイの最大のお仕事は、本人がボイスで言っているようにエリアの制圧です。

各マップに関しての知識(このマップはこのエリアを取れると強い、取られると弱いとか)を増やしておけば自分が今何をすべきなのかが自然と頭に浮かんでくるかもしれません。

 

また、攻めでも守りでもアルティメットのロックダウンは超重要です。しかし、効果的に使うには味方と動きを合わせる必要があるため、ラウンド開始前にやりたいことを伝えておきましょう。

攻め:ロックダウンでサイト内を囲ってそのまま攻める動きが強力です。攻めるサイトに集まってもらうのはもちろん、ロックダウンを置く場所まで進むためにカバーを付けてもらいましょう

守り:ロックダウンはリテイクに使うのが強力です。サイト内で無理に戦わず、一旦引いてチームで歩調を合わせていきましょう

 


キルジョイは強い?弱い?

「普通~強い」です。

 

索敵が強力なサイファーと役割が被るキャラですが、採用率や勝率はキルジョイの方が高くなっています

ただ、どっちも長所と短所があるのでどちらの方が強いかはデータだけでは一概には言えません。好きな方を使うか、マップ毎に使い分けていきましょう。

 

おわりに

以上、今回はキルジョイの紹介でした。

サイファーと同じで使用者を選ぶキャラではありますが、良かったら使ってあげてください。

 

それではまた別の記事で会いましょう。バイバイ!

 

他エージェントの「虎の巻」シリーズもよろしくお願いします。

(名前をクリックするとそのエージェントの解説ページに移ります)

<デュエリスト>
ジェット レイズ フェニ レイナ
ヨル
<センチネル>
セージ サイファー キルジョイ
<イニシエーター>
ブリーチ ソーヴァ スカイ ケイ・オー
<コントローラー>
ブリム オーメン ヴァイパー アストラ

 

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.