【VALORANT】パッチノート3.09【ヴァロラント】

VALORANT

2021年11月2日(火)、VALORANT公式サイトよりパッチノート3.09が公開されました。

今回のパッチでは、クラシックの右クリックの弱体化、フラクチャーのマップ調整がありましたが、その他には特にバランス調整はありませんでした。

なお、新エージェントの「チェンバー」は次回のパッチ3.10で実装されます。

パッチノート内容

以下、公式サイトからの引用になります。


VALORANT Act IIIの新しいバトルパスが導入され、コンペティティブも新たにスタートしました(さらに、新エージェントも近日登場します)。それにあわせて、今回のパッチでは武器「クラシック」に調整を施し、マップ「フラクチャー」でオブジェクトの位置を変更しました。

詳細は以下をご覧ください。

 

武器のアップデート

クラシック(右クリック)

クラシックは近距離や中距離の敵に対して、ジャンプや移動しながらの性能が高くなりすぎていたので、ジャンプ時、駆け足時、歩行時の射撃精度を下げました。今回の変更には、この武器の理想的な使用ケースを近距離に絞る狙いがあります。

  • 歩行時の射撃エラーを変更:0.05→0.6(歩行時の合計射撃エラーが、1.95から2.5に上昇)
  • 駆け足時の射撃エラーを変更:0.2→1.3(駆け足時の合計射撃エラーが、2.1から3.2に上昇)
  • ジャンプ時の射撃エラーを変更:1.1→2.1(ジャンプ時の合計射撃エラーが、3.0から4.0に上昇)

 

マップのアップデート

フラクチャー

  • Bアーケードのアタッカー側障壁をアタック側ブリッジの方向へ後退させ、ディフェンダーがそのエリアでより戦いやすくなるよう調整
  • Aロープのディフェンダー側障壁をロープの最上部まで移動させ、センチネルが戦闘の準備を整えやすいよう調整
  • Aホールのオーブをより中立的なスペースに移動させ、アタッカー側が利用しやすくなっていた状況を改善
  • アタック側スポーンに、ホール入り口からBメインまでの長い射線を遮る障害物を設置し、ディフェンダーが側面から襲撃する際にアタッカーから受けるプレッシャーを緩和

 

ゲームシステムのアップデート

ロープやジップラインの挙動を滑らかに

  • ジップラインやロープの使用中、途中で止まったり、移動方向を変更した際に挙動が不自然になるのを修正しました。この不具合は少し移動しては止まることを繰り返した際に顕著でした

 

Eスポーツ関連機能

  • ゲームパッドを使用中の観戦者が、右バンパーボタン(R1)でスピードアップした際にX/Y軸が無効になっていた不具合を修正
    • これでフリーカメラでの観戦が快適になるはずです!
  • 観戦時にチームの利き手を設定するオプションを追加
    • 観戦時にこのオプションを有効にしていると、アタッカーでマッチを開始したチームは右利きに、ディフェンダーでマッチを開始したチームは左利きに表示されます。

 

ゲーム全般

  • ゲームサーバーへのデータトラフィックを1つに統合
    • サーバー選択機能を使用している方は、ロケーション名が以前と変わっていることに気がつくかもしれませんが、あくまでゲームサーバーへのデータの通り道を2つから1つに統合しただけあり、どのサーバーも削除していませんのでご安心ください。

 

 

不具合修正

コンペティティブ

  • アンレートのロード画面に、デフォルトのActランクバッジが表示されてしまう不具合を修正

 

エージェント

  • サイファーの「スパイカメラ」をブリーズのドアに設置することで、ドアを破壊したり、ドアが閉まっているにも関わらず奥を見ることができていた不具合を修正
    • あわせて、ドアの周辺に「スパイカメラ」を設置できない箇所が点在していた不具合を修正
  • ジェットの「アップドラフト」が自身の画面で適切に表示されていなかった不具合を修正



注目のアップデート

クラシック(右クリック)

  • 歩行時の射撃エラーを変更:0.05→0.6(歩行時の合計射撃エラーが、1.95から2.5に上昇)
  • 駆け足時の射撃エラーを変更:0.2→1.3(駆け足時の合計射撃エラーが、2.1から3.2に上昇)
  • ジャンプ時の射撃エラーを変更:1.1→2.1(ジャンプ時の合計射撃エラーが、3.0から4.0に上昇)

クラシックの右クリックの移動撃ち、ジャンプ撃ちがまたもやナーフされました。至近距離の右クリックは今まで通り使えそうですが、中近距離でのお願い右クリックで解決する場面はかなり減りそうです

また、止まって撃つ場合は今までと拡散率は変わりません。右クリックを押してすぐに箱裏などに隠れる戦い方はまだまだ使えそうです。

 

フラクチャー

  • Bアーケードのアタッカー側障壁をアタック側ブリッジの方向へ後退させ、ディフェンダーがそのエリアでより戦いやすくなるよう調整
  • Aホールのオーブをより中立的なスペースに移動させ、アタッカー側が利用しやすくなっていた状況を改善

Bのアーケード側の購入フェーズバリアの位置が変わるため、ラウンド開幕の勝負の仕方やアビリティの入れ方が変わってきます。防衛でオペレーターを持つ場合は特に注意が必要でしょう。

また、AホールのULTオーブの位置がホールに入ってすぐ→Aドアの反対側にあるくぼみへと変更されます。これにより、オーブの駆け引きが今までと全く異なるものになることが予想されます(ドアやロープのエリアがより重要になってくる?)。