【PS5】周辺機器の特徴、値段まとめ!コントローラーやヘッドフォンも、新たな進化を遂げました!!

未分類

先日値段と発売日が発表され、更なる盛り上がりを見せるPS5界隈。皆さんは予約出来ましたか?ちなみに私は出来ませんでした。抽選に賭けます。

さて、今回はPS5に関連するものの中でも特に周辺機器について紹介していきたいと思います。

※各周辺機器の値段については見出しの右に表記しています。

まず周辺機器って何?

コンピュータやゲーム機などの電子製品の本体に対して、ケーブル等で接続して使用する機器のこと。何が周辺機器とされるかはその製品により、時代やメーカーやモデルにもよっても変わる。

(Wikipediaより)

今回PS5の場合、コントローラーやヘッドフォンなどがそれに当たります。

では、早速見ていきましょう。




ワイヤレスコントローラー:6,980円+税

コントローラーのハプティックフィードバックと変化するトリガーエフェクトが、ゲーム内のアクションをリアルにその手で感じられる、これまで以上に濃密で臨場感あふれるプレイ体験をサポート。 特徴的なデザインのDualSense™ ワイヤレスコントローラーは、内蔵マイク、クリエイトボタンも搭載しています。(公式サイトより)

私たちの握るコントローラーも新たな進化を遂げました。

よりリアルなゲーム体験を求めるための新たな部品たちを更にご紹介していきます。

ハプティックフィードバック

従来の振動モーターに代わり、新たに採用されたデュアルアクチュエーターで、より体感的なフィードバックを実現。ゲーム内の状況に応じて変化する振動により、プレイヤーを取り巻く環境の質感から多彩な武器の反動まで、さまざまな感覚をその手の中で体感できます

アダプティブトリガー

ゲーム内のアイテムやその状況に応じて、さまざまな強さや張力を体感。弓の弦をギリギリと引き絞ったり、ハイスピードで走る車にブレーキをかけたりと、画面上で展開されるアクションを実感できます

上記で紹介した2つの仕組みにより、PS5はその次世代のゲーム体験を実現します。

内蔵マイク&ヘッドセット端子

内蔵マイクを使ってフレンドとオンラインでチャットできます。また、3.5mmのヘッドセット端子につなぐことで、お手持ちのヘッドセットもご利用いただけます。コントローラー上のミュートボタンで、簡単に会話のオンオフをコントロールできます。

クリエイトボタン

クリエイトボタンを使って、自慢のゲームプレイを録画したり、ライブストリーミングしたりできます。先駆的で好評を博したSHAREボタンは、クリエイトボタンとしてさらに進化。プレイヤーは自身のゲームプレイをもとに動画・画像コンテンツを制作したり、世界に向けてライブ配信したりできます。

このように、インターネットで繋がった仲間と新たなゲーム体験を共有する仕組みもしっかりと備わっています。

おなじみの機能

このワイヤレスコントローラーは、DUALSHOCK4の機能の多くを引き継ぎつつ、新世代のゲームプレイに向けて調整されています。

内蔵バッテリー

USB Type-Cを使用してコントローラーを充電、接続できます

内蔵スピーカー

コントローラーから飛び出す高音質のサウンドエフェクトで、ゲームが新たな次元へ進化します。

モーションセンサー

内蔵する加速度センサーとジャイロスコープにより、対応するゲームでは、より直感的なモーションコントロールを楽しめます。




充電スタンド:2,980円+税

PlayStation5本体につなげることなく、ワイヤレスコントローラーを最大2台まで充電できます。

乗せるだけで簡単にセットでき、PS5と接続した場合と同等の早さでコントローラーを充電できる代物です

ワイヤレスヘッドセット:9,980円+税

PS5本体の3Dオーディオ向けにチューニングされたワイヤレスヘッドセットで、シームレスかつワイヤレスにゲームサウンドを楽しめます。

USB Type-C充電に対応し、クリアな音質でパーティーチャットを楽しめるデュアルマイクによるノイズキャンセリング機能を搭載し、USB Type-C充電に対応。さまざまな操作も簡単にできます。

メディアリモコン:2,980円+税

PlayStation5上のアプリやコンテンツ、テレビを直感的・スムーズに操作できます

メディア再生コントロール

再生/一時停止、早送り、早戻しボタンを搭載し、メディアをすばやく操作できます。

本体とのシームレスな互換性

リモコンで直接PS5本体の電源をオンにしたりメニューを手軽に操作したりできます。

テレビの設定

赤外線送信機内蔵で、対応するテレビの音量調整や電源入切が可能です。




HDカメラ:5,980円+税

スムーズでシャープなフルHD画質で、ゲームをプレイしながら自分自身をキャプチャ。ゲームプレイコンテンツに追加して配信できます。

この高性能の機械は、ゲーム配信をする際に自分自身を写すために使います。

日本人は顔を写さず配信する方が多いですが、この機会に顔出し配信デビューするのも良いでしょう。

1080pでキャプチャ

広角デュアルレンズを搭載し、滑らかで鮮明なフルHD画質で、自分のゲームプレイを録画。DualSenseワイヤレスコントローラーのクリエイトボタンで、ゲームプレイの録画または配信をすぐに開始できます。

スタンド一体型

HDカメラには角度調整もできるスタンドがついています。すばやくセットアップできるコンパクトデザインで、テレビの上または下に設置可能。お使いの環境に合わせてアングルを細かく調整できます

背景除去ツール

PlayStation5本体に搭載された背景除去ツールと組み合わせて、あなたが作品の主役に。

HDカメラがあれば、ピクチャーインピクチャーモードで配信しながら、ゲームプレイ動画に自分自身が登場可能。プレイヤーの顔の周りを切り抜いてゲームプレイ映像に合成したり、グリーンバックを使用することで背景を完全に透過することができます

Cameraアダプター

PlayStationVRをPS5本体に接続して、対応するPS VRのゲームを楽しめます。PS VRをPS5でお楽しみいただくためには、お手持ちのPS4用PlayStation Cameraに加えPlayStation Cameraアダプターが必要です(アダプターは無償提供予定)。アダプターの提供方法およびお申込みについては、後日お知らせするそうです。




まとめ

今回はPS5の周辺機器についてご紹介しました。

こういう機械の性能見るとワクワクしますよね!発売日が待ち遠しいものです。

値段、発売日についてまとめた記事もあるので、よければそちらもどうぞ!