【PS5】値段、スペック、発売日まとめ!通常版とデジタルエディションはどっちを買うべき?

未分類

皆さんこんにちは。本日2020年9月17日、ついにPS5の正式な値段、発売日が発表されました。

今回は、発表された値段などと合わせて、どちらのバージョンを買うべきかについても解説していきます!

まずPS5とは?

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の開発した家庭用ゲーム機です。

正式名称は『PlayStation5』

いわゆる『プレステ』シリーズの最新機です。

そして実はPS5と一言に言っても二種類あります。通常版(ブルーレイドライブあり)デジタルエディションです。これは過去ハードには無かった新しい試みですね。

デジタルエディションはダウンロード版のソフト限定で、通常版はダウンロード版のソフトに加え、パッケージ版のソフトでもゲームを遊ぶことが出来ます。




スペック

ゲームをやるには欠かせない要素の一つ、スペックをご紹介していきます。

とりあえず下の画像を見ていただきたい!!

・・・見ても良くわからない方がほとんどだと思います。

大体『20万弱するゲーミングPC』と同じくらいのスペックとなっております。

では、気になるPS5のお値段は・・・

値段

べべんっ!!!!!!!

(日本の値段は一番下)

通常版は49,980円+税。デジタルエディションは39,980円+税となっております。

このスペックでこの値段ははっきり言ってめちゃくちゃ安いです!

Twitterでも驚きの声が散乱しています。『PS5安すぎ』がトレンドになるぐらいです。

ちなみに過去に発売されたPS、PS2、PS4は約4万円、PS3は約6万円となっており、PS5が特別高くないことが分かります。

しかしスペックは過去ハードをはるかに凌駕するものとなっており、ソニーの挑戦が伺えます。

発売日

発売日も本日正式に発表されました!

日本での発売は2020年11月12日となっております!!

※上記画像の解説

アメリカ、日本、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国では11月12日、それ以外の国では11月19日に発売します。




通常版とデジタルエディション、そっちを買うべき?

ここは気になる方が多いところだと思います。PS5には通常版とデジタルエディションの2種類に分かれています。

今回は、この二つのメリット、デメリット、総合評価をまとめていきます。

メリット(通常版)

・ディスク版、ダウウンロード版の双方に対応

デジタルエディションはDL版でしかゲームをプレイできないですが、通常版はディスクソフトにも対応しています。

・PS4のソフトと互換性がある

PS4で遊んだゲームをPS5でも遊ぶことが出来ます(パッケージ版限定)

余計にお金を払う必要が無くなります。

・現物のソフトでプレイできる

これは個人的な意見なんですけど、ソフトの現物があるってすごく良い事だと思うんですよね。

新作ゲームの発売日、家電量販店の列に並びそわそわしながらゲームを買い、家に帰ってビニールを剥き堅いパッケージをパカッと開く。そこに眠るソフトをハード機に挿入し新たな冒険を始める。

ダウンロード版では味わえないこの感動・・・!私はここに大きな意味を見出しています。

さらに言えば現物のソフトがあれば遊ばなくなったゲームを売ることも出来ますし、友達に貸したりすることが出来るのもGOOD。

デメリット(通常版)

ゲームソフトが破損すると・・・

遊べなくなります。破損するだけでなく、無くしたりしても大変です。

あのソフトどこにしまったか忘れちゃった・・・みたいなことも起こりがち

ソフトの入れ替えが面倒

別のゲームを遊びたくなった時に、ソフトを入れ替える必要があり、少し面倒です。

とはいえ、通常版でもダウンロードソフトで遊ぶことが出来るのでそれほど大きなデメリットでもありません。

値段が高い

デジタルエディションが約4万円なのに対し、通常版は約5万円します。その差約1万円

数千円ならまだしも、1万円も差があるとなると躊躇する方も多そうです。

現物のソフトが必要

ゲームの発売日にすぐにはプレイできないのは大きなデメリットです。

店で買うなり通販で届けてもらうにしてもダウンロード版には後れを取ります。

(ダウンロード版を買えば済む話ではあります)

メリット(デジタルエディション)

ソフト破損の心配なし!

ディスク版という概念が無いので、破損してプレイできなくなった・・・とか、ソフト無くしちゃった・・・みたいなことが起きる心配はありません。

ソフトを入れ替える必要なし

別のゲームをやりたくなった時に体を動かす必要がありません。とても楽。

ダウンロード版は1ソフトにつき2台のPS5で遊べる(のでDL版限定のデジタルエディションだと恩恵を受けやすい)

これはとてつもなく大きなメリットだと思います。

家族や友人と相談してソフトの購入を計画すればかなりの節約が可能となります。

発売日にすぐ遊べる

友人やライバルに後れを取ることなくゲームをスタートできます。

在庫切れで遊べない心配もありません。

値段が安い

先程も紹介した通り、通常版は5万円もしますが、デジタルエディションは4万円で購入することが出来ます。

デメリット(デジタルエディション)

パッケージ版のソフトが遊べない

デジタルエディションはダウンロード版のソフト限定でしか遊べません。これによりPS5のパッケージ版のソフトが遊べないのはもちろんのこと、PS4のパッケージ版ソフトも遊ぶことが出来ません。PS4のソフトをデジタルエディションのPS5で遊ぶには新しくソフトを購入するしかありません。

ダウンロード版のソフトは少し高い

パッケージ版のソフトに比べ、ダウンロード版のソフトは少し高いです。

結局どっちを買うべき?

結論から申しますと『困ったら通常版買っとけ』です。

デジタルエディションの方が一万円安いですが、ダウンロード版のソフトはディスク版より少し割高となっており、たくさんのソフトを買えばその差はどんど縮まります。

さらに、通常版はパッケージ版とDL版の両方でゲームが遊べるので応用が利きます。あとで”あっち買っておけばよかった”みたいなことを思わずに済みます。

ただし、人によってはデジタルエディション版のがおすすめです

例えば『ごく少数のゲームタイトルしか遊ばない人

先程DL版の方が値段が割高と申しましたが、少ししかゲームをプレイしない方はその影響をあまり受けません。

また『PS5を二台買う方』にもお勧めできます。

ダウンロード版のソフトは一つ購入すれば2台のPS5で遊べます。

したがって、家族でPS5を2つ購入する方などはかなりお得にゲームがプレイ出来ます!

まとめ

今回はPS5についての最新情報をまとめてみました。

発売が楽しみですね。私も早く購入したいものです。

PS5の周辺機器についてもまとめましたので、よければそちらもどうぞ