【検証】カーテンも出待ち有利!写真で確認してみよう【VALORANT】

VALORANT

前回の記事では、スモークを介した戦闘では入る/出る側よりもスモークの中/外で待つ側の方が有利になることを確かめました。

今回はそのカーテン系スキルバージョンです。初めに結論を言ってしまうと、スモークと同じで待ち側が有利になります。

それでは、待ち側が有利である理由「カーテンを使った先見え」について、実際に写真を見て確認していきましょう!

カーテン系スキル

  • トキシックスクリーン(ヴァイパー)
  • ブレイズ(フェニックス)
  • コズミックディバイド(アストラ)

敵の射線を切ることが出来る縦状のカーテンを展開します。画像の左が入る/出る側、右が待つ側になります。

 

トキシックスクリーン(ヴァイパー)

正面

まだカーテンに入っていないが、待つ側からは銃口が少し見える

 

体が少し見えてきたが、入る側はまだ何も見えない

 

待つ側は敵の体全体を視認出来る

 

入る側もうっすら視認出来るように

 

はっきり見える

 

カーテン系スキルは全て待ち側が先見えすることが出来ます。トキシックスクリーンもその例外ではありません。

 

 

まだカーテンに入っていないが、待つ側からは体が少し見える

 

体が少し見えてきたが、入る側はまだ何も見えない

 

待つ側は敵の体全体を視認出来る

 

入る側もうっすら外を視認出来るように

 

はっきり見える

 

横から出る場合も待ち側が有利になります。

 

 

ブレイズ(フェニックス)

正面

まだカーテンに入っていないが、待つ側からは銃口が少し見える

 

体が少し見えてきたが、入る側はまだ何も見えない

 

待つ側は敵の体全体を視認出来る

 

入る側もうっすら視認出来るように

 

はっきり見える

 

待ち側が有利です。フラッシュを使ってピークする際は先見えされたところを狙われないように注意しましょう

 

 

まだカーテンに入っていないが、待つ側からは体が少し見える

 

体が少し見えてきたが、入る側はまだ何も見えない

 

待つ側は敵の体全体を視認出来る

 

はっきり見える

 

横から抜ける際も待ち側が有利になります。

 

 

コズミックディバイド(アストラ)

正面

まだカーテンに入っていないが、待つ側からは銃口が少し見える

 

体が少し見えてきたが、入る側はまだ何も見えない

 

待つ側は敵の体全体を視認出来る

 

入る側もうっすら視認出来るように

 

はっきり見える

 

待ち有利です。

 

 

まだカーテンに入っていないが、待つ側からは体が少し見える

 

体が少し見えてきたが、入る側はまだ何も見えない

 

入る側もうっすら視認出来るように

 

はっきり見える

 

正面と同様に、待ち側が有利になります。

 

 

銃の判定

 

銃弾を通さない能力を持つコズミックディバイドですが、どこまで入れば銃弾を通せるようになるかについても調べてみました。

結果は画像のように、エージェントの顔がカーテンの外にはみ出した地点から銃弾が通るようになりました(正面も横も同じ)。

おそらくこのゲームはエージェントの口から弾が発射されるという仕様に基づいているのだと思います。

 

クラシックでもオペレーターでも同じ地点から弾が通るようになったので、銃口の長さは関係ありません。

 

 

ヴァイパーズピット(ヴァイパー)

マップに巨大な毒の霧を生み出すアルティメット「ヴァイパーズピット」についても載せておきます。

この霧の中では、使用者のヴァイパーは敵の輪郭がくっきり映って見えやすくなるという仕様があります

 

 

霧中

銃口が少し見える

 

体も少し見えてきた

 

体全体が見えてきた

 

はっきり見える

 

霧中は見え方は全員同じになります

ただ、使用者のヴァイパーは輪郭がくっきり映るため、圧倒的に敵の存在に気付きやすくなっています。

 

 

下を向くと・・・

キャラクターが下を向くと銃口も下を向くため、霧の中でも先見えが出来るという隠れたテクニックがあります。

 

長所

  • 先見え出来る

短所

  • 急激な上フリックが必要(ローセンシだと難しい)
  • 横フリックが必要なことも
  • 下を見ていると、上の状況が掴めない

 

短所が多すぎるので無理に使う必要はないテクニックですね。実際Championsでも使っていた選手はほぼいませんでした。

 

通常のスモークでも同様の原理が働きますが、敵の輪郭が薄いままなので反応しきれない場合が多いです。

 

 

棒立ち側からは何も見えないが、下向きヴァイパーからはくっきり見える

 

棒立ち側からも銃口が少し見えてきた

 

体全体が見えてきた

 

はっきり見える

 

縦フリック、斜めフリックの速さ、精度、反応速度に自信のある方は使ってみてください。

 

 

高低差のある場所で下を向くのはNG

アイスボックスAサイトのこの辺りでULTを使うと、毒の海が上にも下にも広がります。

 

正面

下向き

ロープを渡る敵に対してワンウェイが出来る強力な設置位置ですが、下を向いているとそもそも視認できません!ご注意ください。

ちなみにB側も高低差があるので似たようなことが起こりえます

 

 

サイバーケージ(サイファー)

サイバーケージはスモーク系のスキルなのですが、前回の記事に載せるのを忘れていたため、今回ついでに載せておきます。申し訳ありません。

 

入る

まだスモークに入っていないが、待つ側からは銃口が少し見える

 

体が少し見えてきたが、入る側はまだ何も見えない

 

待つ側は敵の体全体を視認出来る

 

はっきり見える

 

待ち側が有利です。

 

 

出る

まだスモークに入っていないが、待つ側からは銃口が少し見える

 

体が少し見えてきたが、入る側はまだ何も見えない

 

待つ側は敵の体全体を視認出来る

 

はっきり見える

 

同じく待ち側が有利になります。

 

まとめ

待ち側が先見え出来る

 

カーテン系のスキルも待ち側が先見え出来ることが分かりました。

スモークの方では霧型は条件によって対等になりましたが、カーテン系は待ちが有利です。

 

 

カーテンの抜け方の基本

カーテンを抜ける側は先見えの関係でどうしても不利になってしまいます。

ここでは、カーテンを抜けるときに少しでも有利になれるようテクニックを2つ(スモークとほぼ同じ)紹介していきます。

 

一つ目はプリエイムと同じようにShiftキーを押さずに最速でピークすることです。

スモークと同じく、ピークアドバンテージを活かしてワンチャンを狙っていきましょう。

 

2つ目は通る斜線が少ない場所へピークすることです。特に、画像のようにカーテンの端から横にピークするのが鉄板。

 

逆に、自分がカーテン越しに出待ちする場合も、端で待つのがおすすめ。“挟まれない”は正義です。

 

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.