【初心者向け】感度(センシ)とは?おすすめの設定、決め方などを紹介【VALORANT】

VALORANTにおける「感度」について掘り下げていく記事になります。

始めたばかりの初心者や、感度のことがよく分からないという方はぜひ参考にしてください。

目次

初心者向け:感度とは?

感度とは、マウスを移動させたときにゲーム内の照準がどれだけ動くかを表す指標のことです。感度を高くすると、少しのマウス移動で照準が大きく動きます。

VALORANTの感度は「マウス感度(DPI)」「ゲーム内感度」の掛け算(eDPI)によって決まります。

マウス感度(DPI)

LogicoolのG hubには、DPI調節機能が付いている。

マウス感度(DPI)とは「マウスを1インチ移動させた時に、画面上でカーソルが何ドット動くか」を表す数値で、DPIは“dots per inch”の略です。

例えばマウスを1インチ(約2.54cm)動かし場合、400DPIなら400ドット、800DPIなら800ドット(400DPIの2倍の距離)動きます。

DPIはどれにすればいい?

一般に使われているのが400、800、1600の三種類ですね。特にこだわりが無ければ800DPIにしておけば間違いありません。

変え方については、多くのマウスはDPI変更ボタンから、LogicoolのGPRO Xなどボタンが付いていないものは専用ソフトを経由して変更します。

DPIの値を細かく調整できる、また非常に高いDPIを設定できる機能をウリにしているマウスも存在しますが、そのような機能はほとんど使われていません。プロ選手ですらほぼ全員が400、800DPIのいずれかです。

ゲーム内感度(感度:照準)

ゲーム内の設定で変更できる「感度:照準」の数値のことです。

この数値が大きいほど感度が高くなります。

eDPI

eDPIは端的に言ってしまえば感度そのものを表す数値で、以下の式で計算されます。

eDPI =  DPI × ゲーム内感度

DPIが異なる人同士で感度を比べる際に使います。

eDPIは同じだけどDPIが違う場合は?

eDPIが同じなら、感度、振り向きも同じになります。ではeDPIが同じでもDPIが違う場合は、どのような差が生まれるのでしょうか。

  • 400DPI × 0.54 = 216eDPI
  • 800DPI × 0.27 = 216eDPI

一言で言ってしまえば、同じ距離だけ動かしたとしても「高DPIは滑らか。低DPIはカクカク」動きます

DPI(≒1インチを何等分するか)が高いと、その分だけマウスポインタの中継点が多くなるのが理由です。DPIが高いほど、細かなエイムが出来ます。

「じゃあDPIは高ければ高いほど良いのか」と言われたらNOです。DPIが極端に高いと滑らかすぎて逆にやりづらくなります。また武器購入画面が大変なことになります。そのためバランスの良い+多くのマウスで採用されている400 or 800DPIが定番です。

ハイセンシでプレイする場合は、400だと少しカクつくため800DPI以上が推奨されます。

スコープ感度倍率

スコープを覗いた時に適用される感度倍率です(スナイパーライフルだけでなく、ヴァンダルなどのADSにも適用)。

特に困っていなければ1のままでOK。

ハイセンシとローセンシ

感度(センシ)が高いことをハイセンシと呼び、低いことをローセンシと呼びます。真ん中ぐらいのセンシはミドルセンシと呼ばれますね。

特に基準は決まっていませんが、Twitterなどでよく見る意見を基にローセンシ、ミドルセンシ、ハイセンシを分けてみると…

ローセンシミドルセンシハイセンシ
eDPI~240240~320320~
ゲーム内感度
(800DPIの時)
~0.30.3~0.40.4~
ゲーム内感度
(400DPIの時)
~0.60.6~0.80.8~

次はハイセンシとローセンシのメリット、デメリットについて紹介していきます。

ハイセンシのメリット、デメリット

ハイセンシのメリット

  • マウスを動かす量が少なく済む
    →素早いエイムが可能
    →フラッシュ避けやリコンボルトなどの破壊が行いやすい
  • 映えるクリップが撮れる

ハイセンシのデメリット

  • 細かいエイムが難しい
  • その日の調子にパフォーマンスが左右されやすい

ローセンシのメリット、デメリット

ローセンシのメリット

  • エイムがしやすい(対面の撃ち合いが強い)
  • 特にハイセンシと比べて遠距離の撃ち合いがしやすい
  • 調子の良し悪しに左右されにくい

デメリット

  • 視点移動でマウスを大きく動かさないといけないため大変(疲労も溜まりやすい)
    →フラッシュ避け、リコンボルトなどの破壊が大変
  • 素早い視点移動が求められるエージェント(ジェット)が使いづらい
  • 大きいマウスパッドが必要

各メリットの解説

ハイセンシのメリット:素早いエイムが可能

ハイセンシだとマウスの移動距離が短くなります。
マウスの移動距離が短くなるということは、エイムが合うまでの時間も短くなるということ

つまり上振れた時の強さはハイセンシが最強になります。ただハイセンシは安定感が無いのが欠点。マウスの繊細な動きが求められるため、その日の調子によってパフォーマンスに波が生まれてしまいます。

ハイセンシのメリット:フラッシュ避け、リコンボルトの破壊が行いやすい

アビリティシステムがあるVALORANT特有のメリットですね。このゲームにはレティクルの位置をずらしてくるアビリティが多くあります。例えば

  • フラッシュ
  • リーア
  • ホウント
  • リコンボルト
  • オウルドローン
  • トレイルブレイザー

などなど、例を挙げるとキリがありません。

エイムを中心からずらしてアビリティを破壊、その後元の場所までエイムを持ってくる。この動作がハイセンシだと楽になります。相手はアビリティを使って間もなく飛び出してくるため、破壊が遅れるだけで命取りになりかねません。

ローセンシのメリット:エイムがしやすい(対面の撃ち合いが強い)

「撃ち合いが強い」。ローセンシの唯一にして最大のメリットです。

画像のように、ローセンシだと相手の体(頭)を横切る距離が長くなります。相手の体にマウスがある範囲が広ければ、それだけエイムが安定しやすいわけです。

ハイセンシとローセンシ、どっちが強い?

結論から言うと「ロー~ミドル」辺りが最強だと言われています。

VALORANTは大きなフリックや追いエイムがあまり求められず、とにかく精度が大事になってくるのでハイよりローの方がおすすめ。

ただ低すぎると今度は視点移動やアビリティの破壊が難しくなるため、ロー寄りのミドル、ミドル寄りのローがVALORANTに最もマッチした感度になってきます。

おすすめの感度の決め方

①色々試してみる

初心者の方はとりあえずロー、ミドル、ハイを全部試してみましょう。

当たりやすい感度があれば、それでいきましょう。

②好きな選手の真似をする

「感度にこだわりはない」という方におすすめなのが、好きなプロ選手の感度を真似ることです。

以下、最強プレイヤーの感度を載せておきます。

  • 【おすすめ】現世界チャンピオンのエース Optic yay:800DPI×0.27
  • 初代世界王者のエース(今は低迷中)SEN Tenz:800DPI ×0.3
  • 2021年間王者のエース 最強のスナイパーライフル使い ACE cNed:800DPI × 0.32
  • 【おすすめ】世界3位 JP VALORANTの頂点 ZETA Laz:800DPI ×0.355
  • EMEA4位。ローセンシ世界最強は彼 TL Nivera:800DPI ×0.173
  • ウルトラハイセンシ。対戦MVPを連発する指エイムの達人 SG something:1600DPI × 0.433

異なるDPIでの感度の合わせ方

例:SG something選手の感度を800DPIでマネしたい!

  • something:1600DPI 0.433
  • 自分:800DPI

somethingのeDPI = 1600×0.433 = 692.8

求めるゲーム内感度 = somethingのeDPI ÷ 自分のDPI(800)
= 692.8 ÷ 800 ≒ 0.866

同じように計算すればどの選手の感度でも真似できます。

③とりあえずミドルセンシから始めてみる

自分に合う感度が分からない、とりあえず強い感度でやってみたい。という人はミドルセンシから始めることをお勧めします(Laz選手の800DPI ×0.355がおすすめ)。

ローセンシもハイセンシもどちらもクセが強く、長期間使った後に限界を感じて変更する人が後を絶ちません。それならミドルから初めて徐々に自分の感覚に合わせていくのがおすすめです。

④基準の感度を決めたら、1週間ほど慣らしてみる

基準となる感度を決めてみて、少し違和感があるようでしたら下げたり上げたりしてみて「あ、これぐらいでいいかな」と思える感度を大体で良いので見つけてみてください。

感度が決まったら、とりあえず1週間ほど変えずにbot撃ちや試合をしてみましょう。1週間後、それでもどうしても自分に合わないなと思ったら少しだけ上げ下げしてみてください。「あ、これぐらいでいいかな」と思える感度が見つかったらまた1週間ほどゲームをプレイしましょう。

なぜ1週間ほどプレイする必要があるかというと、変えた直後は色々なバイアス(当たるようになった気がする、など)が働いて正常な判断が下せないためです。数日で感度を変えるのを繰り返していると、感度沼にハマるので注意してください。

  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる