【全初心者必見】今だからこそ聞こう!スモークの基礎&全マップのテンプレセットスモークを紹介します!【VALORANT】

VALORANT

皆さんこんにちは。

今回はVALORANTにおける数あるアビリティの中でも「スモーク」について、その使い方とよくある設置位置についてご紹介していきます。

少し長くなりますが是非最後まで見ていってください。

スモークとは?

名前である程度予想は出来ると思いますが、ようするに(煙幕)です。

このを要所に設置することで、その方向からの敵の射線を切る(敵から撃たれなくなる)ことが出来ます。

 

攻めでサイトに入る際は、たくさんの場所から射線が通り囲まれてしまうので、それを防げるスモークはたいへん重宝します。

 

アセントのBメインに通る射線

青:味方 緑:敵

アセントのBサイトを例にとってみましょう。

画像のような配置の場合、マーケットとCT(スポーン地点側)からの射線が通っており、普通にサイトに入ると挟みこまれてしまいます。

しかし、ここでスモークを焚いてみると・・・

 

スモークを焚いた場合のアセントBメインに通る射線

マーケットとCTから撃たれることがなくなり、不意打ちの心配をすることなくサイト内のクリアリングを行えます。

上の画像の例だと、サイト前を一通りクリアしたら、あとはサイト内の敵ソーヴァを人数有利でなぎ倒すだけでスパイク設置まで持っていけますね。

 

先程も書いたように、スモークを焚かない場合はまずオーメンとレイズを相手にする必要があります。彼らの対処に時間を浪費してしまうと、Aサイトからの敵の寄りが間に合って人数有利が作れなくなったり、裏から詰めてくる敵を警戒する必要が出てきます。こうなってしまってはもうラウンド敗北一直線です。

スモークを使い、敵にとって有利な状況をこちらにとって有利な状況に塗り替えて、効率的な攻めを実現しましょう。

 

スモーク抜けについて

先の説明では、スモークさえ焚いておけばその方向からの射線が通らない(=撃たれない)としましたが、実際は違います。

重要になってくるのが、モク抜き(:スモーク越しに敵を倒す)とモク抜け(:スモークを抜けて外に出る)です。モク抜きで攻めが止まることはそうそうないですが、モク抜けに関してはタイミングが噛み合えば一気に攻めの勢いが削がれてしまいます。

 

ここまでの説明だとモク抜けが強そうにも見えますが、実際はとてもリスキーであまり推奨されない行動です。

なんと言ってもスモークの中からは外の状況を一切把握することが出来ません。

バインドのBホールにスモークを焚かれた場合

バインドのBホールから出る際に警戒すべき場所

敵が待ってる可能性のある所を黄色の丸で囲ってみました。スモークさえ無ければ1ヵ所ずつクリアリグ出来ます。

スモークから出る側は全方向を警戒しなければなりません(正確なフリックが求められたり最悪見えない場所から撃たれる)が、スモークを見張る側はスモーク側(一方向)を警戒するだけで良いのです。どちらが有利かはもう明白ですね。

 

1vs1ならまだしも、実際の試合ではスモークを複数人で見張る場面も多く、普通にスモークを抜けるのはもはや自殺行為。

もちろん、ほとんどの人はわざわざこんなリスクを冒してまでスモークから出てくることは無いです。ただ、この理論を逆手に取りスモークを抜けて強気にキルを取りに来る人もたまにいるので、油断は禁物。

 

まとめると

  • スモークがあるとその先の状況が掴めない
  • スモークを抜ける側は見張る側に比べて圧倒的に不利

 

スモークで敵の往来を防ごう

少し長くなりましたが、先程までの話で結局私が言いたかったのは「スモークを焚けば、その位置における敵の往来を防ぐことが出来る」ということです。

 

スモークを焚いた後のアセントBサイト

つまり、(モク抜きが可能なことを考慮に入れなければ)スモークを焚くというのは即ち、そのエリア(道)を封鎖するようなものなのです。

 

主な使い方

ここでは、スモークアビリティの主な使い方について紹介していきます。

 

敵の斜線を切る

「射線を切る」スモーク

「スモークとは?」の項目で話した通り。

要所にスモークを焚くことでエリアを封鎖し、敵に囲まれるのを防ぐことが出来ます。

主に攻めや、守りのリテイク時に重宝する使い方です。

 

エリアを抑える

「エリアを抑える」スモーク

こちらは主に攻めのスパイク設置後や防衛で効果を発揮する使い方。

先程までの項目で説明したとおり、スモークから出る側はスモークを見張る側に比べてかなり不利です。この特徴を存分に生かせるのが「エリアを抑える」スモークです。

サイトの入り口などに焚いて、敵の出鼻をくじいていこう。

 

エリアを渡る

「エリアを渡る」ためのスモーク

スモークを焚くことで、敵から身を隠し安全に&敵からバレずにエリア間を移動しましょう。

また、スモークを焚いた後にそのエリアを通り抜けなかったとしても敵から見える光景は同じなので、通ったと思わせることも出来ます。

 

スモークアビリティを持つエージェント

スモークアビリティを持つエージェントは数多くいますが、いわゆる「モクキャラ」と呼ばれるのはコントローラーの“ブリムストーン”“オーメン”“アストラ”のみです。

この3人の持つスモークは「個数が多い」「持続時間が長い」「設置場所の自由度が高い」という特徴があり、攻めを組み立てる上での重要な基盤となります。

一方で、この3人以外のエージェントのスモークは、時間が短かったり1個しか持てなかったり、設置に制限があったりして使い勝手はそこまで良くありません。

 

スモークアビリティを持つエージェント一覧

  • ブリムストーン
  • オーメン
  • アストラ
  • ジェット
  • ヴァイパー
  • (サイファー)

 

スモーク使用時の注意点

自陣側に膨らませない

VALORANTスモークの大原則:自陣側に膨らませない

基本的にスモークを焚く際は、自陣側に膨らませてはいけません。

膨らんだスモークを炊いてしまうと、クロスが組めなかったり安全にモク抜けされたり、こちらにとっての不利益が数多く予想されます。

 

アセントBマーケットから出てくる敵を確認出来る範囲

アセントBサイト

スモークから出てくる敵を確認出来る範囲を黄色で囲んでみました。BメインにいるオーメンとCT側の通路(階段とかロウアーとか呼ばれています)にいるジェットで出てくる敵をクロスで挟むことが出来ます。

一方・・・

スモークあり:アセントBマーケットから出てくる敵を確認出来る範囲

膨らんだスモークを焚いた場合、このように出られてしまうとクロスが組めません。せっかくの2vs1が1vs1の繰り返しになり、相手にワンチャンが生まれてしまいます。

 

このように、膨らんだスモークを焚いてしまうと予想外の弊害が起きてしまうので、基本は壁に対して水平に焚きましょう。

 

※場所によっては膨らませた方が強い場合もあります。

 

敵味方のオペレーター状況を考慮する

オペレーター

エージェント達の視界を遮ることが出来るスモークは、VALORANT最強武器のオペレーター(¥5000)に対する1つの回答。

オペレーターは1発1発を正確に当てる必要があるので、エージェントの輪郭が見えなくなるスモーク系アビリティにはめっぽう弱くなっています。

 

敵がオペレーターを持っている時は(買っていそうな時も含めて)、それを妨害するようなスモークを炊けると良き。

そして、味方がオペレーターを持っている時は、その邪魔をしないようにスモークを焚く位置を考えましょう。(味方が射線を置いてる場所にスモークを焚かない)

 

攻めスモーク(セットアップ)のタイミング

攻めでサイトへ入る際に焚くスモークのお話です。

各マップの主要な焚き場所は次の見出しで紹介していきますが、先に「焚くタイミング」というのを抑えておきましょう。

 

基本はこちらのチームがサイト手前のエリアまで陣取れたら(+スロウオーブやモロトフでサイト入口を足止めされていないのを確認したら)スモークの準備をします。

 

ここで、エリア取りの工程を無視して先にスモークを焚いてしまうと……

  • サイト内で戦っている途中にスモークが晴れ、敵に挟まれてしまう
  • 早めのスロウオーブやモロトフで足止め→サイトへ入る前にスモークが晴れてしまう
  • そもそもサイト前までエリアが取れずに、スモーク自体が完全に無駄になる

という自体が起きます。

 

ここまで進めたらセットスモークを焚こう

サイト手前までエリアを取れたらスモークを焚いていこう。

セットスモークを焚くにはまだ早い

この時点でスモークを焚いてしまうと、様々な不利益が予想されます。

アセントで言うなら、A攻めならAメインまで、B攻めならBメインまで占領してからスモークを焚いていきたい。

スモークを焚いたら後はデュエリストがエントリーしてくれる(はず)なので、自分もその後に続いてサイト内へ入っていきましょう。

 

A挟み、B挟み

サイトを挟んで攻める場合は、味方の動きを見ながら両陣営がサイト手前まで取れたら焚く準備を!

 

各マップのセットスモーク

当記事では各マップのサイト侵攻におけるテンプレセットスモークをご紹介していきます。

これさえ覚えておけば、モク役としての最低限の働きは出来るはず。

 

なお、セットスモーク以外のよく使うスモークについては、マップ別の記事を作りましたのでそちらをご参照ください。

 

アセント

【VALORANT】アセントを勝ち抜くための“15のスモーク”【ヴァロラント】
今回は「アセントのスモークはどこに焚けばいいの?」という疑問を解決していきます。当記事で紹介する15の設置ポイントを押さえておけば、スモークキャラとしての役割を十分こなせるようになるでしょう。スモーク初心者の方は「必見」です。

Aサイト

アセントAサイトのセットスモーク

まず初めはアセントのAサイト。ラフターとツリーの射線を切ることで、敵に囲まれることなくサイト内を制圧出来ます。

スモークが晴れる前にツリー側のゲートを閉じていきましょう。

 

Bサイト

アセントBサイトのセットスモーク

Bサイトはこの2箇所。こちらもスモークが晴れる前にゲートを閉じていきたい。

 

バインド

【VALORANT】バインドを勝ち抜くための“16のスモーク”【ヴァロラント】
今回は「バインドのスモークはどこに焚けばいいの?」という疑問を解決していきます。当記事で紹介する16の設置ポイントを押さえておけば、スモークキャラとしての役割を十分こなせるようになるでしょう。スモーク初心者の方は「必見」です。

Aサイト①

バインドAサイトのセットスモーク(浴場未使用)

Aショートから全員で突撃する際に、無理やりスパイク設置まで持って行けるセットスモークです。

モク抜きやアビリティによる設置阻止にはご注意を!

 

Aサイト②

バインドAサイトのセットスモーク(浴場使用)

浴場を進行出来ているならこっち。先程のスモークに比べ、広くエリアを確保することが可能でリテイクに強いです。また、スパイク設置も比較的安全に行えます。

ただ、浴場が取れていない状態でこの位置に焚くのはかなーーーり弱いです。

絶対に味方(自分でもいい)が浴場に進行していることを確認してから使っていこう。

 

Bサイト

バインドBサイトのセットスモーク

Bサイトを攻めるならここ。敵にサイファーがいる場合は、地面すれすれの見えづらいワイヤーにご注意を(引っかかってしまうとモク抜きされる)。

 

スプリット

【VALORANT】スプリットを勝ち抜くための“17のスモーク”【ヴァロラント】
今回は「スプリットのスモークはどこに焚けばいいの?」という疑問を解決していきます。当記事で紹介する17の設置ポイントを押さえておけば、スモークキャラとしての役割を十分こなせるようになるでしょう。スモーク初心者の方は「必見」です。

Aサイト

スプリットAサイトのセットスモーク

Aサイトを攻めるならここ。

オープン設置を狙っていこう。

 

Bサイト

スプリットBサイトのセットスモーク

Bサイト侵攻時のおすすめスモーク。タワーのスモークに関しては、抜けて勝負しに来る人も多いので注意。

 

ヘイヴン

Aサイト

ヘイヴンAサイトのセットスモーク

ヘイヴンAサイトのスモークはここ。タワーのスモークは焦って設置すると下に落ちることがあるので注意。

 

Bサイト

ヘイヴンBサイトのセットスモーク

Bサイトを攻める際に焚いていきたいスモーク。正直ここはスモークが無くても何とかなりやすいですが、アビリティのストックがあるなら絶対に焚くべきです。

 

Cサイト

ヘイヴンCサイトのセットスモーク

Cサイトを攻める際のスモークはここ。

 

アイスボックス

Aサイト

アイスボックスAサイトのセットスモーク

Aサイトのスモークはここ。スパイク設置までは持っていけるはず。

 

Bサイト

アイスボックスBサイトのセットスモーク

このスモークさえ焚いておけば、スパイクを設置する場所までは進めます。ただ、そこから安全にスパイク設置が出来るかどうかは相手の配置次第。

セージの壁を使えば、敵にやられることなくスパイクを設置することが出来ます。

 

まとめ

今回はスモークの最も基礎的な部分に加えて、覚えてすぐ使える攻めのセットスモークを紹介しました。

次回からはマップ毎のテンプレスモークについて、攻め守りで分けて紹介していこうと思います。お楽しみに☆

 

スモークの基礎
アセント スプリット バインド
ヘイヴン アイスボックス ブリーズ(Coming soon)

 

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.