【守り編】スパイクの駆け引きを制する8つのコツ【VALORANT】

今回は守りにおけるスパイク設置前後に使えるコツや立ち回りを紹介していきます。

基本的な項目も多いですが、どれも大事なのでぜひ最後まで見ていってください。

目次

敵の位置を把握して、自分の位置は探られないようにしよう

 

少人数戦で最も重要なのは「敵の位置を把握すること」「自分の位置をばらさないこと」です。

 

レイズ
レイズ

タレットあるよ!キルジョ~イ!

 

少数戦において自分の位置がばれていないというのは何よりも大きな財産です。どれだけの撃ちあいの差があろうが、横を取れば勝てるゲームですからね。

足音はむやみに立てず、アビリティを使うときは、アビリティによるメリットと位置バレのデメリットを天秤にかけましょう

 

 

味方の動きに合わせよう

このような場合には、キルジョイが寄るのを待とう

取り残されるキルジョイ

 

味方がまだ生き残っている場合は、チームプレイを意識しましょう。

特に味方がまだ逆サイトから移動してる途中なら、自分一人で勝手にリテイクを始めずに、到着を待ちましょう。

 

 

ハーフ解除を活かそう

 

スパイクを半分解除(3.5秒必要)しておけば、次に解除するときはゲージが半分溜まった状態からスタートします。

ハーフからだとたった3.5秒で解除が完了するため、ギリギリまで交戦した後でも案外解除が間に合ったりします

 

解除中に攻撃されるのが怖いですが、敵の隙を見れば半分解除までならわりと通ります。積極的に活用していきましょう。

 

 

ガチ解除

 

敵が生き残っている状態で無理やりスパイクを解除することを「ガチ解除」と呼びます。

スパイクを解除している間は一切銃を撃てないので大きな隙が生まれますが、状況によってはこの「ガチ解除」がラウンド取得の決め手になることがあります。

 

例①遮蔽物に隠れたガチ解除

スプリットBサイトの箱裏設置は、Bメインから斜線を通すことが出来ない

 

スプリットBサイトの定番設置ポジションは、Bガレージから射線を通すことが出来ません。

 

もし残りの敵が全員Bガレージにいることが分かったら、ガチ解除を実行してみるのも良いでしょう。

敵が走ってこない限りはそのまま解除が成功します。

 

例②スモーク内でのガチ解除

ヘイヴン Cサイト

 

スモークを焚けば敵から姿を見られないため、ガチ解除が通る場合があります。

モク抜きでやられてしまうこともあるため万能ではありませんが、不利な状況から逆転出来る可能性がある強力な一手です。

 

モク内でのガチ解除は味方に何人かカバーしてもらわないと7秒間通すのは難しめ。ハーフ解除ならガンガン狙って大丈夫です。

 

解除フェイク

 

解除キーを一瞬だけ押すことで、敵に解除していると思わせる「解除フェイク」を行うことが出来ます。壁などに隠れている敵を引きずり出しましょう。

 

特に、敵にキルジョイやソーヴァ、ブリムストーンなどがいる場合は解除フェイクを最優先で行い、解除阻止のアビリティを吐かせるのがオススメです。

 

 

足音を立てない

1vs1などの緊迫した状況で解除フェイクを行う場合は、絶対に足音を立てないようにしましょう

足音を立てると解除していないことが敵にバレてしまい、解除フェイクが意味をなさなくなってしまいます。

 

両チームの人数がまだ3~5人残っている場合は足音を立てても大丈夫です。(誰の足音か判別できないため)

 

 

モロトフを耐える

 

解除阻止のアビリティとしてよく使われる「モロトフ」。強力ではありますが、実は一部のモロトフならダメージを受けながらでも、ハーフ解除まで通すことが可能です。

モロトフのダメージは以下の通り。

 

効果時間 DPS 合計ダメージ
ホットハンド 4秒 60 240
ナノスワーム 4.5秒 40 180
インセンディアリー 8秒 60 480
スネークバイト 6.5秒 25 162.5
ダメージ 爆発の回数 合計ダメージ
フラグ/メント 30~60 4 120~240

 

DPS(1秒に入るダメージ)を見てもらうと、ナノスワームとスネークバイトの値が低いのが分かると思います。

ハーフ解除の3.5秒で計算すると140ダメージ(ナノスワーム)、87.5ダメージ(スネークバイト)となるため、この2つのアビリティならHPが150あれば受けながらでも半分解除することが可能です。

 

爆発までの時間がギリギリの状況や、スモーク内でガチ解除を通すときに思い出してみてください。

 

 

ハンターズフューリーを受けきる

 

解除阻止のアルティメットとして鉄板の「ハンターズフューリー」は1発80ダメージのビームを3発放ってきます。つまりHPが81以上あれば1発なら耐えられます。

これを理解しておくだけで取れるラウンドが増えてくるでしょう。

 

具体的なハンターズフューリー対処方法は以下の通りです。

  1.  解除フェイクをしてハンターズフューリーを誘発する
  2.  2発かわす
  3.  ガチ解除を始める
  4.  3発目のハンターズフューリーを受けるが、気にせず解除を続行
  5.  ガチ解除成功!

 

ハーフ解除ぐらいなら簡単に出来ます。

残りの敵がソーヴァのみで、遠くから撃ってる場合は(例:アセントのAロビー、ヘイヴンAロングのくぼみなど)、全解除すら通せたりします。

 

 

敵のクセを読み、対応する

サイファーのラークに壊滅させられてしまった・・・

ミッドをオフアングルで見てラークを対策!

 

ラウンドを進める内に、敵がよく使ってくる行動パターンが見えてくると思います。

  • あのジェット、設置後も強気に詰めてくることが多い気がする
  • サイファーにラークされることが多いな
  • あのヴァイパーいつも空爆してない?

 

それに応じて、自分たちの行動パターンも変えていきましょう。

  • 詰め待ちをしたり、クリアリングをしっかりしよう
  • (オフアングルなどを使って)裏取りを倒してからリテイクを始めよう
  • 時間に余裕のあるリテイクを心がけるか、空爆を構えているところを裏取りしよう

 

このように、敵がしてきた行動を対策するとラウンドを取れる確率が大幅に上がります

ただもちろん、これらの対策が刺さると敵もそれに応じて行動を変えてきます。自分たちはさらにその対策をしていきたいところです。

 

  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる