【VALORANT】連射の鬼!スティンガーの特徴・使い方まとめ【ヴァロラント】

【VALORANT】連射の鬼!スティンガーの特徴・使い方まとめ【ヴァロラント】 VALORANT

皆さんこんにちは。

 

前回までの武器紹介記事ではサイドアームを紹介してきましたが、今回からはメイン武器を紹介していきます!

気になる第一弾はSMGのスティンガー!ぜひ最後まで目を通していってください。

基本性能

スティンガーの基本性能

  • コスト:1100
  • マガジン:20
  • 壁貫通力:低
  • フルオート / 4点バースト

ダメージ

0~20m 20~50m
頭部 67 62
胴体 27 25
脚部 22 21

 

特徴

連射速度が全武器中最速

スティンガーのリコイル

スティンガーはVALORANTの中で最も連射性能が良い武器です。1秒で16発も弾丸をぶっ放します(パッチノート2.03以降)。

ちなみに2位はオーディンの15.6発/秒、3位はスペクターの13発/秒。

さらにヴァンダルの連射性能は9.75発/秒、ファントムは11発/秒。他の武器と比べてみるとその連射性能の凄さが浮き彫りになってきますね。いたのはパッチノート2.03以前(1秒に18発)のお話。弱体化が執行されたことにより、以前のような突出してファイアレートが高いスティンガーは闇の彼方へ消えてしまいました。しかし、ファイアレートの高さはそれでもなお全武器中1位です。

 

スティンガーは1発ずつのダメージこそ低いですが、この連射性能のおかげで他の武器ともしっかり渡り合えるようになっています。モ〇スターハンターの双剣みたいな感じですね。

 

遠距離が苦手

スティンガーは遠くの敵に対して無力

近くの敵に対しては悪くない性能を持つスティンガーですが、遠くの敵に対してはショットガンの次ぐらいに弱いです。

フルオートで撃つと弾がバラバラに飛び散りやすく、リコイルを体で覚えてもキル出来るかは運にかなり左右されます。

 

ADSで4点バースト

スティンガーのADS4点バースト。リココンが必要です

スティンガーはマウスの右クリックでサイトを覗くことが可能、その状態で撃つと4点バーストになります。

集弾率は上がりはしますが、ブルドックの3点バースト程高性能ではありません(若干左上に飛ぶ)。遠くの敵に対してはリコイルコントロールが必要です

また、移動速度と発射速度(フィイアーレート)が下がるので普通に使い辛いです。中距離の敵を倒す時に妥協して使う感じですね。

遠距離(目安としては30m以上離れている)敵に対しては、4点バーストを使ってもほぼ当たらないので、タップ撃ちや2点バーストを使っていこう。

 

走り撃ちが当たりやすい

スティンガーは近距離なら走り撃ちが当たりやすいです

近くの敵に対してなら走り撃ちでもそれなりの集弾率が期待出来ます。

また、走り撃ち以外にも歩き撃ちやしゃがみ歩き撃ちならもっと集弾率が良くなります。有効的に活用していきましょう。

 

スティンガーのジャンプ撃ちはブレるので厳禁です

ジャンプ撃ちは弾がめちゃくちゃブレるので厳禁です。



使い方

近くの敵には走り撃ち

敵との距離が近いときは、スティンガー走り撃ちがおすすめ

近距離の撃ち合いは走り撃ちが大正義

相手からすると動いてる敵にはエイムを合わせにくい&こちらの弾はそこまでブレないので、有利に撃ち合いを進めることが出来ます。

 

スティンガーは近距離走り撃ちのために生まれた武器と言っても過言ではありません。頭一つしか見えていない撃ち合いや、敵の背後を取れた時はストッピングをして正確に弾を当てにいくのが良いですが、そうでもなければ基本は走り撃ちでいきましょう。

 

中距離はバースト撃ちやADSで

中距離の敵に対してはスティンガー歩き撃ち/しゃがみ歩き撃ち

敵との距離がちょっと離れているだけで走り撃ちの正確性はほとんど失われます。そんな時は、ストッピングをして2点バーストやADS撃ち(4点バースト)をするのがおすすめ。

そしてこの際、発射された弾の正確性を保つために、射撃と射撃の間隔は少し開けるようにしましょう。中~遠距離の敵はARと比べてキルにかかる時間が伸びがちですが、それでも焦らず落ち着いて撃ち合っていきましょう。

 

遠距離は撃ち合わない

遠くの敵に対しては撃ち合わないのもあり

スティンガーはそもそも遠距離の敵とは撃ち合わないのがおすすめです

というのも、遠くの敵に対するスティンガーはダメージ、正確性共に最悪なためヴァンダルやファントムが相手だとほぼ勝てません。もっと言えばシェリフやゴーストにすら不利なレベルです。

立ち回りやアビリティを工夫してスティンガーが得意な近距離戦に持ち込みましょう!

 

※どうしても遠距離で戦わないといけない場合は2点バーストを使うのがおすすめ

 

リコイルコントロールが重要

スティンガーはリコイルの跳ね上がりがとてつもないので、弾を敵に当てるにはこれを抑える必要が出てきます。所謂リコイルコントロールですね。

ストッピングして撃つ場合や走り撃ちをする場合のリコイル、、、実戦で使う前に一度壁打ちで練習するのがおすすめです。

 

パッチノート2.03(スティンガー弱体化パッチ)以前までは、リコイルはそこまで大きくなく適当にマウスを下げるだけで敵が瞬溶けしていったのですが、現在はかなーりブレます。ヴァンダルやファントムのリコイルコントールに慣れすぎてると、想像以上に苦戦を強いられると思います。

 

いつ購入するべきか

エコラウンド

スティンガーは基本的にエコラウンドで購入してワンチャンを狙う武器となります。弾をしっかり当てることが出来ればヴァンダルファントムにも引けを取りません。

 

エコラウンドの選択肢として、スティンガーはシェリフやバッキーとの比較がよくなされます。スティンガーは一撃ワンパンこそ出来ないものの、1発目を外してもフルオートをすればその後のリカバリーが容易いという強みがあります。作戦に合わせて買い分けていきましょう(能動的な動きを取り入れる&狭い場所での戦闘をする際におすすめ)。

 

まとめ

まとめると

  • スティンガーは手数で勝負するタイプの武器
  • 近距離の走り撃ちが最強
  • 遠距離は最弱(立ち回りを工夫して近距離戦に持ち込もう!)

 

“弱体化のせいでかなり使い辛くなった&バッキーの台頭”のおかげで、現在は使用率がだいぶ低くなった武器ではありますが、まだまだ利用価値はあります。

特に攻めのエコラウンド!バインドのAランプやBウィンドウ(フッカ)等、狭いエリアを取る際にはスティンガーの走り撃ちが大活躍してくれます。

しっかり使いこなしてスリフティーを目指しましょう!

 

ありがとうございました!

 

 

他の武器についてはこちらから!

サイドアーム SMG AR SR
クラシック スティンガー ブルドッグ マーシャル
ショーティ スペクター ガーディアン オペレーター
フレンジー SG ヴァンダル MG
ゴースト バッキー ファントム アレス
シェリフ ジャッジ オーディン

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.