【VALORANT】世界大会「VCT Masters Champions」出場チームまとめ【ヴァロラント】

VALORANT

2021年のVALORANT世界王者を決める大会「VALORANT Champions」が12月1日から開催されます。

当記事では、Championsに出場する各国代表のチームをまとめました。大会が始まる前に一通り目を通しておくと良いでしょう。

Championsの大会形式

試合開始時刻は表記の+1時間後

日程 2021/12/1(水)~13(火)
開催地 ベルリン(ドイツ)
大会形式(Stage3 Masters Berlinと同じ) グループ予選:ダブルイルミネーション

決勝トーナメント:各グループの上位2チームによるシングルイルミネーション

対戦ルール BO3(Grand FinalのみBO5)
賞金 1,000,000ドル
使用マップ 全マップ(アセント、バインド、スプリット、ヘイヴン、アイスボックス。ブリーズ、フラクチャー)
使用エージェント チェンバー以外の全てのエージェント
配信リンク Twitch

YouTube

 

【11/29追記】各試合の開始時刻が上記の画像より1時間後に変更されました。初戦は23時開始です。

大会形式は前回の世界大会(Stage3 Masters Berlin)と全く同じになります。

第一試合は23時開始ですが、選手入場が23時でそこから機材のセッティングなどが入るため実際に試合が始まるのは23時15分~30分前後になります。お風呂やお手洗いはそれまでに済ましておきましょう。

各曜日の最終試合はベルリン大会の傾向からいくと、だいたい朝の7時±1時間ぐらいに終わります。

 

そして、我らが日本代表Crazy Racoonの初戦(対VKS)は12/2(木)の午前2時から始まります。ハッシュタグ #CRWIN を付けて応援しましょう!



結果

随時更新予定(管理人の生活習慣の関係でリアルタイム更新は出来ません、申し訳ありません)

 

赤色勝利チーム青色敗北チームです

DAY 1
Vision Strikers 13 | Haven | 5 FULL SENSE
13 | Breeze | 5
Team Vikings 13 | Icebox | 9 Crazy Racoon
13 | Haven | 8
Fnatic 13 | Icebox | 11 Cloud 9
11 | Split | 13
14 | Fracture | 12
DAY 2
Gambit Esports  |  | Team Secret
 |  |
 |  |
KRÜ Esports  |  | Team Liquid
 |  |
 |  |
Sentinels  |  | FURIA Esports
 |  |
 |  |
DAY 3
Acend  |  | Vivo Keyd
 |  |
 |  |
Team Envy  |  | X10 Esports
 |  |
 |  |
Vision Strikers  |  |
 |  |
 |  |
DAY 4
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  | Team Vikings
 |  |
 |  |
DAY 5
 |  | Crazy Racoon
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
FULL SENSE  |  |
 |  |
 |  |
DAY 6
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
DAY 7
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |
 |  |

 

出場チーム早見表

Masters Berlin champion

ー「VCT Masters Berlin」(2021/9/10~9/20)の優勝チームはChampionsへ招待されます

EU
Gambit Esports

 

Circuit Points

ー各地域で行われたVCT予選で獲得したサーキットポイントが上位のチームは、Championsへ進出することが出来ます。

リージョン毎の枠数は以下の通りです。

  • 2:NA EMEA BR SEA
  • 1:LATAM KR JP
NA NA EMEA EMEA
Sentinels Team Envy Acend Fnatic
BR BR LATAM KR
Team Vikings Vivo Keyd KRÜ Esports  Vision Strikers
SEA SEA JP
X10 Esports Team Secret Crazy Raccoon

 

Last Chance Qualifier(LCQ)

ー各地域で行われるLCQは、サーキットポイント上位のチームが参加。Champions進出への最後のチャンスです。

NA EMEA SA(South America) APAC
Cloud9 Blue Team Liquid FURIA Esports FULL SENSE



各チームの特徴、選手一覧

NA

Sentinels
Tenz (20)
Shazam (27)
dapr (22)
Zombs (23)
Sick (23)

北米代表のSentinelsは、「VCT Stage2 Masters Reykjavík」を制した初代世界王者

Stage3 ベルリン大会では、プレイオフ一回戦でTeam Envyに敗退してしまいましたが、NAのVCT予選を三連覇していたことによりサーキットポイント一位でChampionsへ進出しました。

果たして彼らは王者の名を奪還できるのか、世界中から高い注目が集まります。

 

Team Envy
FNS (29)
Marved (21)
yay (23)
Victor (25)
crashies (23)

ベルリン大会のプレイオフでSentinels、100Tを下し決勝まで駒を進めたNAのホープ。

yay選手の突破力のあるジェットは世界中から高い評価を受けおり、Championsでの活躍にも期待が持てます。

 

Cloud9 Blue
mitch (25)
leaf (17)
xeta (24)
Xeppaa (21)
vanity (22)

100T、V1、Rise…強豪ひしめくNAのLCQを突破したのは老舗Esportsチームの「Cloud9 Blue」でした。

17歳のジェット使いである”leaf”選手や、元V1所属でVALORANTの世界大会を経験している最強IGL”vanity”選手には要注目。

また、チーム唯一の韓国人である“Xeta”選手は元C9 Koreaに所属しており、Munchkin,Bazzi(現CR)、BuZz(現VS)、Hate(現DK)という化け物メンツと共に活動していました。(C9Koreaは一つの団体が2つ以上のチームを持ってはいけないという規定に接触し、2020年に解散してしまいました)

 

余談ですが、チーム名がCloud9 “Blue”となっているのは、C9の女性部門チームであるCloud9 Whiteと区別するためです。ちなみにこの女性部門もかなりの強豪チームで、女性限定のVCTである「VCT Game Changer」を制覇し優勝賞金20万ドルを獲得しました。

 

RATAM

KRÜ Esports
 bnj (21)
Klaus (20)
Mazino (20)
NagZ (20)
delz1k (20)
keznit (20)

ラテンアメリカの覇者、KRÜ Esportsはレイキャビク、ベルリン、そしてChampionsと世界大会皆勤チームの一つです。

レイキャビクでは1-2と悔しい結果に終わりましたが、ベルリンでは予選を突破しプレイオフに進出するなど、その実力は日を追うごとに高まっています。

今年最後の世界大会、彼らの集大成をお見逃しなく。

 

EMEA

Gambit Esports
d3ffo (19)
Chronicle (19)
nAts (19)
Redgar (23)
Sheydos (20)

Gambit Esportsは第二回の世界大会「VCT Stage3 Masters Berlin」を制した現世界王者です。

高い状況把握能力と、戦況を覆すほどの撃ち合いのセンスを持つnAts選手は、今やVALORANT界のスーパースター。

選手個人の実力はもちろん、試合中に相手のクセを読み取って対策するアドリブ力や、確実に戦況をコントロロールして相手の動きを制限するGMBの戦略には毎度のことながら驚かされます。

 

Acend
BONECOLD (?)
cNed (19)
Kiles (24)
starxo (20)
zeek (20)

AcendはEMEAのトップチームのひとつです。

世界最強のオペレーター使いと名高いcNed選手には要注目。

ベルリン大会では惜しくもプレイオフ1回戦で敗退してしまいましたが、チャンピオンズへ向けてどれだけ準備進んでいるのか気になるところです。

 

Fnatic
Boaster (26)
Doma (18)
Mistic (29)
Derke (18)
Magnum (20)

FnaticはEUの由緒ある名門チームで、レイキャビク大会では準優勝という輝かしい結果を残しています。

しかし、Stage3では予選落ちしてしまっており、少し不安が残る結果に。Championsでは最高潮のFnaticを見たいところです。

 

Team Liquid
soulcas (21)
L1NK (23)
ScreaM (27)
Jamppi (20)
Nivera (20)

Stage2 レイキャビク大会で4位に入賞したTeam Liquidは、Stage3では結果が振るわず世界大会への切符を逃します。

しかし、2021年9月25日、ワンタップの魔人ことTLのエース「Scream」選手の弟であるNivera選手が加入

初出場の試合でピストルACEを取るなど、兄もびっくりのパフォーマンスを発揮し、チームはEMEAのLCQを制覇。世界大会の大舞台へ再び舞い戻ってきます。

 

BR

Team Vikings
gtnziN (?)
Sacy (23)
frz (?)
sutecas (?)
Saadhak (24)

「Team Vinkings」はStage1,2のブラジル大会を制したチームで、レイキャビク大会に出場し、X10 esportsを2-0で下しています。

Stage3では奇しくも3位に終わりベルリン大会への切符を逃しましたが、サーキットポイントが一位だったため、年末のチャンピオンズに出場します。

 

Vivo Keyd
heat (18)
JhoW (25)
v1xen (22)
murizzz (22)
ntk (?)
mwzera(20)

ベルリン大会に出場したブラジル代表チームの一つ。

予選では日本代表ZETA DIVISIONを下したものの、KRU esportsに敗北しプレイオフ進出を逃しました。

しかし、2021年10月26日、ブラジル最強プレイヤーと名高い「mwzera」選手がローン契約で加入。彼がどんなプレイを見せてくれるのか、Championsが待ちきれません。

 

FURIA Esports
xand (26)
qck (18)
Khalil (17)
Nozwerr (23)
mazin (22)

FURIA Esportsはブラジルに拠点を置くプロVALORANTチームです。

VCT Stage2,3では双方プレイオフ3位という、ギリギリのところで世界大会出場を逃してしまう非常に悔しい結果に終わりましたがLCQでは見事優勝し今までの雪辱を果たすことが出来ました。

彼らの初の世界大会にこうご期待。

 

KR

Vision Strikers
stax (21)
Rb (19)
k1Ng (19)
BuZz (18)
MaKo (19)
lakia (20)

芸術的な戦略、セットプレイを魅せる韓国代表Vision Strikersは、誰もが認めるアジア最強のチームです。

ベルリン大会では王者GMBに敗北してしまったものの、若手の選手が揃っており、Championsまでの更なる成長に大きな期待が持てます。

 

SEA

X10 Esports
Crws (?)
foxz (22)
sScary (?)
sushiboys (20)
Patiphan (18)

全員がタイ人で構成されているX10 esportsは、レイキャビク大会で日本代表Crazy Racoonに勝利したチームです。

チームの圧倒的エースであるPatiphan選手は、2021年7月に手首のけがを理由に休養していましたが(Stage3は出場しなかった)、9月に復帰を発表しました。

戻ってきたPatiphan選手は期待通りの実力を発揮出来るのか、チームの連携は取れているのか、非常に気になるところです。

 

Team Secret
JessieVash (31)
DubsteP (29)
BORKUM (25)
Dispenser (27)
witz (26)

「Team Secret」、その正体はビザの関係でStage3 Mastersを辞退したBren esportsのメンバー達です。

Stage3のVCTではベルリン大会出場のPaper Raxを3-0で下しており、実力は申し分ありません。

平均年齢は27.6歳と、チャンピオンズ出場チーム中ではダントツのおじさんチームで、長年の経験を武器に若者たちの前へと立ちはだかります

 

FULL SENSE
ChAlalala (?)
JohnOlsen (23)
LAMMYSNAX (?)
PTC (23)
SuperBusS (?)

FULL SENSEは「APAC LCQ」にてNortheptionを破りChampions進出を果たしたチームです。

JohnOlsen選手のワンピック力やPTC選手の打開力は、大会を見ていた方は記憶に新しいでしょう。

Northeptionに打ち勝った彼らの力が世界にどこまで通用するのか、非常に気になるところです。

 

JP

Crazy Raccoon
Munchkin (23)
Bazzi (22)
Medusa (20)
neth (25)
Fisker (24)
Minty (20)
ade (?)

日本からは、VCT Stage1,2を制覇したCrazy Racoonが出場します。

選手の大幅変更後、世界戦では未だ王者Gambitにしか負けておらず、そのポテンシャルはまだまだ未知数。

彼らの実力がしっかり発揮出来れば、Champions上位も夢じゃないと個人的には思っています。

頑張れCR!#CRWIN

 

【11/20追記】Minty選手がChampionsに出場しないことを発表

Crazy Racoonは現在日本籍4人韓国籍3人で活動しており、言語の問題は切っても切れません。

その影響か、チーム内での円滑なコミュニケーションが取れなかいことを理由に、Minty選手がロースターから抜けることを表明しました

Minty選手は「Stage3 Masters Berlin」でも出場した試合数が0となっており、本人はやるせない気持ちでいっぱいでしょう。2022年の活躍に期待です。

 



過去の世界大会の参加チーム、結果

Stage2 Masters Reykjavik

NA NA EMEA EMEA
Sentinels Version1 Team Liquid Fnatic
BR BR LATAM KR
Team Vikings YNG Sharks KRÜ Esports NUTURN Gaming
SEA JP
X10 Esports Crazy Raccoon

結果

  • 1位:Sentinels
  • 2位:Fnatic
  • 3位:NUTURN Gaming
  • 4位:Team Liquid
  • 5,6位:Team Vikings , Version1
  • 7,8位:KRÜ Esports , X10 Esports
  • 9,10位:Crazy Raccoon , YNG Sharks

 

Stage3 Masters Berlin

NA NA NA LATAM
Sentinels 100 Thieves Team Envy KRÜ Esports
EU EU EU EU
SuperMassive Blaze Acend Gambit Esports G2 Esports
BR BR KR KR
Havan Liberty Vivo Keyd Vision Strikers F4Q
SEA SEA JP JP
ビザの問題により辞退
Paper Rex Bren Esports(現Team Secret) ZETA DIVISION Crazy Raccoon

結果

  • 1位: Gambit Esports
  • 2位:Team Envy
  • 3,4位:100 Thieves , G2 Esports
  • 5~8位:Acend , Sentinels , Vision Strikers , KRÜ Esports

  • 9~12位:SuperMassive Blaze , Vivo Keyd , Crazy Raccoon , F4Q
  • 13~15位:Paper Rex , ZETA DIVISION , Havan Liberty
  • 棄権:Bren Esports(現Team Secret)