【VALORANT】差が出る!フラクチャー壁抜きスポットまとめ【ヴァロラント】

VALORANT

今回はフラクチャーの壁抜きスポットについて紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

A側

Aホールの箱

実用性 ★★
必要壁貫通力

(敵がミリ置きしてきた時などに)敵の場所を予測して、壁抜きでのキルを狙いましょう

 

Aメインの箱

実用性
必要壁貫通力

敵がAメインの箱の裏に隠れたら、壁抜きで倒してやりましょう。

 

Aドア

実用性 ★★★
必要壁貫通力

ドアの向こう側に敵がいるなら、壁抜きでの交戦が可能です。

敵の弾道を見て位置を予測し壁抜きをしましょう(逆に言えば、のんきに撃ってると弾道を読まれて抜き返されます)。

 

Aサイトの箱

実用性
必要壁貫通力

敵がAサイトに入ってくるタイミングで壁抜きをし、少しでもダメージを稼ぎましょう。

 

Aサイト下の箱

実用性
必要壁貫通力

Aサイトの下の箱は壁抜きすることが出来ますが、真横の分厚い柱に隠れることが出来るのであまり刺さりません

一応、ブリーチのアフターショックを柱に撃てば箱裏に敵を寄せることが出来ます。ただ、のんきにフルオート壁抜きをしていると普通にピークされて殺されます。

 

Aサイト上の鉄板

実用性 ★★
必要壁貫通力

サイトの上の鉄板は簡単に壁抜きすることが出来ます。余裕があるならとりいあえず抜いておいて損は無いです。

 

 

Aドロップからだと抜けない理由

Aドロップから鉄板を撃つと、画像のように壁抜き出来る場所と壁抜き出来ない場所に分かれてしまいます。

これは撃つ角度によって変わる「壁の分厚さ」の違いによって引き起こされている現象です。

 

そのため撃つ角度が板と垂直に近付くほど、抜ききれる範囲が広がります。

 

Aロープ側の箱

実用性 ★★
必要壁貫通力

防衛側の身を隠すポジションとしてよく使われるこの箱は、実は壁貫通力「中」以上の銃で簡単に壁抜きすることが出来ます。

 

Aドロップを降りたところの箱

実用性 ★★
必要壁貫通力

敵が箱の裏に隠れたら壁抜きで倒しましょう。Aリンクからの射線には気を付けてください。

 

Aディッシュの謎の円盤

実用性
必要壁貫通力

敵が円盤の裏に隠れたら、その位置を予測して壁抜きをしましょう。

また、もしチームにソーヴァがいるならドローンやリコンボルトで敵を光らせたところを壁抜きすると良いです。

 

攻撃側スポーン地点

実用性
必要壁貫通力

Aロープを登ったところの壁は、攻撃側スポーン地点から抜くことが出来ます。

実用性は0ですが、面白い壁抜きだなと思ったので紹介しました。



B側

Bサイトの箱

実用性
必要壁貫通力

この箱を壁抜きする時は、別方向から(Bリンクなど)の射線に気を付けましょう

 

緑箱

実用性 ★★
必要壁貫通力

スパイクの設置を妨害する壁抜きです。この箱を壁抜きする時は、別方向から(Bメインなど)の射線に気を付けましょう

 

Bベンチの箱

実用性
必要壁貫通力

この箱は壁抜きすることが出来ます。

ただし、一つだけ注意点があります。

 

画像から分かる通り、ブリッジ側には黄色の箱が置いてあるためこの部分だけ壁抜き出来ません。

 

B地下は壁抜き不可能

抜けてるように見えますが

抜けません。

Bサイト内⇔Bジェネレーター(地下)の壁抜きは、フラクチャー実装直後は可能でしたがパッチ3.06で修正され出来なくなってしまいました。

地下に置かれたロックダウンを壊すには、ブリーチのアフターショックやソーヴァのハンターズフューリーなど、アビリティを使う必要があります。



おわりに

以上、今回はフラクチャーの壁抜き(wallbang)スポットのまとめでした。

それぞれの壁抜きスポットの特徴を押さえ、少しでもキルのチャンスを増やしていきましょう!

 

ありがとうございました。

 

 

この記事は、Riot Gamesが公式承認するものではなく、Riot Games又はVALORANTの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。VALORANT及びRiot Gamesは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。VALORANT ©︎ Riot Games, Inc.